激闘を制し、ポルトガル4強へ
オランダ、PK戦をモノにし4強へ

ギリシャ、王者フランスを撃破しベスト4

http://jp.euro2004.com/tournament/Matches/round=1582/match=1059189/Report=RP.html

EURO準々決勝第2試合、フランスvsギリシャ。結局寝ずに朝まで見ちゃいましたよ(笑)。世界的にはまさに衝撃的な番狂わせだし、「またかやったかギリシャ!」と言いたいところだが、試合内容ではどう見てもギリシャが勝っていたので、こうなったのも当然の結果といえる。ギリシャはホントいいチームだよ。すごく好きになりました。

前半からイイ形を作っているのはギリシャで、ほとんどあと数cmラインを越えていれば先制点、という惜しいシュートもあった。フランスは体が重そうで、パス回しもイマイチ(高齢軍団にはキツイ日程だったのか?)。全体的に攻め手に欠く印象だったことは否めない。アンリは決定的なヘッドを外すし、ジダンも彼らしくない凡ミスが多い気がしたし、トレゼゲに至ってはホントに出てたの?という印象。おっと思ったのはリザラズの切り込みくらいか。

一方ギリシャは守りが堅牢だった。高さもあるし、危険なボールの処理をひとつひとつ確実にやっていた。フランスのパス回しが遅いので、余裕を持ってキッチリ守れたとも言えるが。攻撃面ではカツラニス(カソウラニス)が良かった!ザゴラキスの技ありプレーからのクロスをハリステアスが頭で決めた1点目のゴール(後半20分)も、カツラニスのフランスDFを引きつける飛び出しがあったからこそ。彼の動きが素晴らしかった。また前半フランスの肝を冷やしたライン越えギリギリのシュートも、カツラニスから放たれたものだった。ボランチだけど攻撃の勘所を分かっているイイ選手だ。試合とはまったく関係ないが、33歳ベテランGKのニコポリディス、銀髪でちょっとカッコ良かった。

どうしても実績のあるスター選手がいるチームに目が行くし、ファンとしては彼らの華麗なプレーを期待してしまうのだが、サッカー好きとしては単純にいいサッカーを見たいという気持ちが強い。ギリシャのようにきちんとチームとして機能しており、派手さはないがしっかりとしたチームは見ていて気持ちがいい。オットー・レーハーゲル監督(ドイツ人)はホントいいチームを作ったよ。この前のチャンピオンズ・リーグでもそうだったが、タレントを集めたチームが必ずしも勝てる訳じゃないのだ。

どちらかというと正直フランスを応援していたんだけど、あの状態じゃもし進んだとしても準決勝では勝てなかったと思う。ジダンにしても単純なトラップミスが多すぎた(今回EUROを見て思うのは、基本だけどトラップの重要性)。連覇ってのは難しいもんだね。とにかく、いいサッカーをしたチームが勝ち残ったということ。見終わって何だか清々しい気分になった。ギリシャが優勝を狙えるかというとまだ現実感がないが、準決勝(チェコvsデンマークの勝者)で自分たちのサッカーが出来れば、あながち夢ではないかもしれない。

Comments

ジャッキー

喜びすぎてアテネオリンピック準備に支障がでるかも。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)