西武が優勝
[Diary] 9/10〜9/16

1次予選突破!

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/p-sc-tp3-041014-0005.html

いやーっ、予想通り厳しい戦いだった。今年3度目のオマーンとの対決。何とか1-0で勝利し、最終予選への切符を手に入れた。

それにしても俊輔は素晴らしかった。鈴木がヘッドで決めた決勝点での、パスをもらう動き出し、ドリブル、クロス。とくにあの動き出しは絶妙だった(ダイジェストだとパスをもらってからの流れしか写さないのが不満)。クロスもファーサイドの鈴木に上手く合わせた。サスガ。

あとはDF陣がしっかりと落ち着いて対応していた。相変わらず中澤には何度も救われた。そして田中誠の身を挺してのシュート阻止。あれが入っていればまた局面も変わっていたかもしれないと思うとゾッとする。

敵ながらオマーンのGKもイイ選手だった。他の選手はやはり日本選手と比べるとフィニッシュの精度に欠け、まだまだ若いチームだなと思わずにはいられなかった。でも次のアジアカップあたりでは相当強くなっていると思う。

それと通訳の鈴木さんが退場させられたのにはビックリ。おいおい、ジーコの指示をどう伝えるんだ?と不安だったけど、幸いアレックスが同じサイドにいたりして何とかなったようだ。こんなことも起こるんだなぁ。しかし最近の日本代表は色々ありすぎ。勝ってるからいいようなものの。

さぁ、いよいよ最終予選。さらなる強敵が待ち受ける舞台(クウェートが中国を下している様子だし、どこが出てくるか予断を許さない)。あー、シビレる。親善試合では味わえないこの緊張感。

なぜか「ドカベン」の神奈川県予選を思い浮かべた。負けたら終わりのギリギリ感。ある意味甲子園よりも厳しい戦い(不知火、雲竜、土門)。しかも不知火は「甲子園は夏祭りだ、勝っても切符はくれてやる」とまで言い放った。ま、全然関係ないんですけど。

Comments

C-noBoomy

でもってこれだ
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20041014&a=20041014-00000021-ykf-spo

良く解らないけど・・・

ジャッキー

これはどういうことなんでしょうね?彼らが日本サッカーを担ってきたのは間違いないですけど。ま、シンガポール戦は負けてもいいわけですが。

この試合で秋田とか大活躍したらまた代表復帰?年齢的にもチーム的にもそれはないでしょうけどね。

でもこういう時にカズがハットトリックしたりする。

C-noBoomy

私は良く解らないけど、
士気が上がる(この字であってるの?)のでは?

SNS(mixi)方面で、私の関係者?数名は喜んでるようです。

しかしなんでCX(フジテレビ)の実況アナは
「サントス」って呼ばずに「アレックス」って言うだろう?
解り辛い!
(サッカー知らずの私だけ?)

ジャッキー

どんな形であれ日本代表に選ばれてイヤな気はしないでしょうから。今まで代表に呼ばれなかった選手含め、全体的にモチベーションと競争意識を高め、気持ちを鼓舞するということなんでしょう。

日本に帰化する前は「アレックス」で登録してたんですよ。それでそのまま使っているんでしょうね。本人が「アレックス」と呼んでほしいと話していた記憶もあります。

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)