[Diary] 7/16
[Diary] 7/20

[Diary] 7/18

昼過ぎ『明日の記憶』読了。この時点での荻原浩の最新刊(ただつい最近、『さよならバースディ』が店頭に並んだ)。若年性アルツハイマーにかかってしまった広告代理店営業マンが主人公。病状は次第に進行していき、仕事で付き合いのある人達の名前も顔もスケジュールも忘れていく。仕事上でミスを犯すまいと必死にメモを取り、ポケットをメモで膨らます。それでも容赦なく記憶が欠落していく。特に得意先に向かう途中で、自分がどこにいるのか分からなくなる件は恐怖すら覚えた。ただそういう恐怖を前面に押し出すのではなく、仕事仲間や家族とのやり取りをうまく挟みながら物語が進む。主人公の趣味が陶芸で、随所に陶芸教室のシーンが出てくるが、ここの描写は色んな意味で深い。最後に出てくる窯場のシーンがとても心に染みた。シリアスな題材を取り上げながら、随所に見える荻原浩らしいユーモアセンス、人間への暖かいまなざしがいい。サスガだ。ぜひ読んでもらいたい一冊。

午後3時頃、妹夫婦&甥っ子がやって来る。そのあと図書館に行き、閉館時間の5時まで粘る。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)