[Diary] 7/23
[Diary] 7/29

[Diary] 7/27

深夜、『家守綺譚』を読了。

これは素晴らしい小説だ。書生という言葉が似合う時代。死んだ友人の家守をしている物書きの主人公は、庭の木々や自然と対話しながら、おまけに死んだ友人とも対話しながら、周囲の様々な人達との関わり合いの中で日々を過ごしてゆく。

現実と幻想が入り混じっているのに、不思議と違和感がない。人と自然と死者と神との交歓の日々。とてもゆっくりとした時間の中で、当たり前のようにそれらが肩寄せ合っている感じ。作者の梨木香歩さんの筆が冴える逸品。何度も狸にだまされたりするのも笑えるし、飼い犬のゴローもとてもいい。

しかし何と言っても素晴らしいのは、隣のおかみさんだ。生活に困っている主人公にご飯をお裾分けしてくれたりする面倒見の良い人なのだが、とにかく事情通で不思議な現象が起きてもまったく動じず、明快な回答をズバリ出す。何物?って感じで、キャラ立ちまくり。あと個人的には長虫屋もいいアクセントで、とても好きなキャラクターだ。

是非続編を期待します。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)