植木等さん、さよならの会
[Diary] 4/24

[Diary] 4/21

メイシー・グレイの昔のCD(1st,2nd)を引っ張り出して聴いてみたら、思ってた以上に良かった。先日リリースされた新譜はどうしようか迷ってたけど、やっぱり欲しくなってきた。そのあとジョニ・ミッチェルを何枚か聴く。

午後、久々に図書館へ。気になるのを数冊借りて帰る。

今日の阪神は、負けはしたが収穫あり。昨日劇的サヨナラヒット(しかも記念すべきプロ初安打!)を放った狩野が初のスタメンマスク。そして何と期待に応えて、初ホームランも打っちゃった(しかも猛打賞)。さすがは去年のウェスタンリーグ(二軍)首位打者!こりゃ代打の切り札として十分使えるぞ。もうそろそろキャッチャー矢野の後継者を育てなければならないため(遅くとも来年には誰かを指名したいところ)、こうしてフレッシュな人材が出てくるのはホントに嬉しいことだ。

知り合いの料理人から久々に電話あり。どうやらかけ間違ってしまったみたいだが(笑)、少し話ができて良かった(元気そうで何より)。上京した際には、またお店に寄りたいなーと思う。ただ、そこは結構な高級店につき、懐具合と相談せねばならないのが難だけど(苦笑)

ーーー
「真夏の夜のジャズ」
のDVDを流しながら、ゆったりと。ミュージシャンの演奏とともに、時々映る観客の様子がまたいいんだよな。しかしこれがもう廃盤って嘘でしょ?

そう言えば、見たい映画(特にヨーロッパ系)のDVDは、気付いたら廃盤になってることが多い。かと思えば、ハリウッド映画は¥1,000切る値段でどんどん再発されてるし。ハリウッド制作の映画に良いものが多いことは認めつつも、この偏重ぶりはどうにかならないのかな?と思ってしまう。

多くの人は「洋画を見る=ロードショーでハリウッド映画を見る」ということなんだろうけど、もっと他の国にも(もしくはアメリカ産インディペンデントにも)良い映画がたくさんあるのになぁ。映画会社はもう十分に制作費回収して元とってるんだから、少なくともアメリカ産のミニシアター系映画くらいはその分振り分けてほしいよね。例えば「サイドウォーク・ストーリー」「メトロポリタン」のような「(名作とは言えないかもしれないけど)ちょっといい映画」は、DVDラインナップから無視され続けてるもんなぁ。こういう映画こそ、また見たかったりするのに…。

こと映画に関しては、自分の趣味がいかに市場原理にそぐわないものであるかを痛感させられます(ん?音楽や本の趣味も似たり寄ったりか)。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)