[Diary] 4/29
[Diary] 5/1

[Diary] 4/30

朝早くから万博記念公園へ向かう。cherieがGWを利用して、東京から関西へ遊びに来ているのだ。今日は大阪アテンドの日で、万博公園内にある国立民族学博物館(みんぱく)と、飲み会@新世界がメイン。

Bp1   Bp2
本日天気良し。まさに行楽日和。11時半前、万博公園に到着。偶然ロハスフェスタなるものが開催されており、とにかく大変な人出。家族連れがたくさん、出店もたくさん。野外ライヴも何ヶ所かで行われていた。早速インドネシア屋台でビンタンビール(写真右上)とミーゴレン(焼きそば)を。ちょっと暑かったけど、芝生の上で食べるとやっぱり気持ちいい。ちょっとしたピクニック気分を満喫し、この時点ですでに満足。

Bp3
(写真上:パエリアの屋台。大きな鍋で料理してて、美味しそうだった)

Bp4 Bp5
(写真上:ワーゲンの移動カフェ。珈琲豆はブラジル?)

Bp6 Bp7
(写真左上:ワーゲンのお尻。人がずらりと並んでる。右上:太陽の塔後方の「お祭り広場」でバレーボールする若者たち)

Mp1
まったりした後、お目当てのみんぱくへ。特別展「聖地★巡礼ー自分探しの旅へー」を見る。メインはスペインのサンチャゴ・デ・コンポステラ巡礼に向かうひとりの巡礼者を追ったドキュメンタリー(主にビデオ上映)。これが期待した以上に面白かった。巡礼者の目印であるホタテ貝を身につけ、1,350kmの行程をただひたすら歩いていくのだが、その道々で巡礼仲間と出会ったり、美しい風景や険しい山道が映ったりと飽きさせない。特に面白かったのは、町なかで水とワイン(!)の出る蛇口が並んでいたこと。ひねると確かに赤ワインが出てきた。さすがスペイン。

他にも四国お遍路さん、恐山イタコ、フランスの聖地ルルドなどの「聖地・巡礼」を映像と音声で追体験できる。宗教を巡る人間の営みが垣間見れて興味深かった。この特別展だけで1時間半ほどかかっただろうか。それでも、はしょったビデオが結構あった。じっくり見たい方は、時間に余裕を持って行かれるのが正解かと。機会があれば、もう一回ゆっくり見てもいいなと思う展覧会だった。オススメ。

Mp2 Mp3
(写真左上:本館ロビーの天井。右上:本館エントランス。カッコイイ!)

Mp4
(写真上:本館エントランス天井。スタイリッシュ!)

みんぱくには確か中学生の時に、遠足で来た記憶があるが、ほとんど印象に残っていない。今でも覚えているのは、東南アジアやアフリカの品々に興味を覚えたということくらい。今こうして来てみて、まず思ったのは、建築がスタイリッシュで素晴らしいということ。惚れ惚れする。

Mp5 Mp6
(写真左上:オセアニア。右上:アフリカ)

カフェレストランで一休みしてから、常設展へ(この時すでに閉館4,50分前)。はっきり言ってスゴイっす。面白すぎ。写真撮影OK!なので、撮りまくり。大雑把に言うと、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアという順路(なおアジアはさらに西アジア、南アジア、東南アジア、中央・北アジア、東アジアに分かれる)。また地域横断展示として、世界各地の音楽や言語の展示が加わる。どの地域にも興味をひかれるもの(生活道具、衣装、民芸品、乗り物、彫刻など)がたくさんあり、時間配分を間違ったことを後悔。どう見積もっても、常設展をちゃんと見るには2〜3時間はかかるよ。

Mp7 Mp8
さて、今回特に良かったコーナーは、アメリカ地域のテーマ展示「極北のイヌイット・アート」。イヌイットの石製彫刻が多数展示されていた(写真上)。ホッキョクグマなどの動物、極寒の地に生きる人間など、どれも親しみやすく、ツヤッとした質感がとても印象的だった。

Mp9 Mp10
(写真左上:インド映画のポスター。右上:スベスベしてそうな仏像)

アフリカの辺りから駆け足になってしまったが、南アジア(めちゃめちゃ濃かった)で、残念ながらタイムオーバー。結局、常設展は半分も見れず…。じっくり見たかった楽器展示もサラッとしか見れなかったし…。アジア地域は仏像をはじめ見どころが満載だし、日本を筆頭に馴染みのある国が多いし、今度は絶対アジアメインで見に来よう。ミュージアムショップにも立ち寄り、閉館ギリギリまで粘る。ショップにも気になるものが結構置いてあったが、とりあえずモンゴルの切手が貼ってあるポストカードなどを購入。ここはいくら時間があっても足りないなぁ。

Bp8
万博公園を横切り、駅へ向かう(写真上:See You!太陽の塔)。そのあと通天閣がすぐそばの新世界で、FT夫妻&お子様、S★KEN夫妻と合流。僕が予備校生だった20年ほど前は、普通に歩いているだけでも身の危険を感じるような場所だったが、今は随分平和な町になったと思う(子供連れて普通に歩けるもんな)。それでもちょっとヤバイ臭いは残っており、ディープな大阪を感じることはできる。東京在住のみんなは、やはり物珍しそうだった。

総勢8名と大人数につき、串かつの大箱店「鶴亀家」へ。東京でもこれだけのメンツが揃うのはかなりレア(しかもお子様も)。子供たちとは約2年ぶりに会ったけど、かなり大きくなっていたし、とにかく元気に動き回っていた。しまいには兄弟ゲンカまで(いつもこうだと、親は大変だと思うが…)。子連れのFTたちと別れたあと、天王寺のバーでカクテル一杯飲んでから、解散。今日は久々の再会で、ホントに楽しかったなー。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)