[Diary] 6/6
[Diary] 6/10

[Diary] 6/8

NHKプレミアム10「オペラ座の弁慶 團十郎・海老蔵パリに傾(かぶ)く」を見る。ニュースのあとついてたTVをぼんやり見てたら、面白くてそのまま最後まで見てしまった。

芸能ニュース的には米倉涼子が会場に足を運んだことで注目されたパリ公演は、市川團十郎・海老蔵親子が交代で弁慶を演じるという画期的な舞台でもあった。日本ではあり得ないだろう配役、そして花道のない舞台をどのようにしていくかに注目するとともに、舞台美術、衣装、音楽なども興味深く見た。

演目の「勧進帳」では、やはり團十郎の存在感が圧倒的。貫禄が全然違う。時として親父・團十郎に対し海老蔵が敬語で話しかけている姿を見て、芸事を極めるには(特に代々続く伝統芸能では)、身近な者に対して尊敬と羨望と挫折と嫉妬という感情を繰り返し抱きながら精進していく過程が必要なんだろうなと思ったり。先達が偉大であればあるほど、常人には計り知れないプレッシャーがあるだろうし。

歌舞伎はここ何年も見てないけど、「勧進帳」を生で見たくなった。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)