本日リニューアル
[CD] 8月後半のオススメ(後編)

[CD] 8月後半のオススメ(前編)

お盆以降も引き続きCDを購入。いいものが結構あったんで、2回に分けてオススメをアップします(もう9月も終わろうとしてるのに、まだ8月分ですが……。もう少ししたら追いつきます、たぶん)。まず前編は年間ベスト候補の2枚。

Fionn
FIONN REGAN/The End Of History

2006年の発売ながら、最近までまったく知らなかったアイルランドのSSW。これは掛け値なしに素晴らしい!弾き語り中心の音作りが奏功し、彼の歌と才能をシンプルな筆致で力強く描き出している。透明感があり、繊細だがしっかりと印象に残る手応えある作品。どこか牧歌的な感じがするのは、随所にフォーク/トラッドの香りが漂うためだろう。

秋冬の空気にとてもフィットする音なので、これからの季節さらに愛聴しそう。音楽性が近いミュージシャンを挙げるとしたら、ニック・ドレイクやロン・セクスミスかな(音から受ける感じはタウン・アンド・カントリーあたりにも似てるかも)。難波タワレコ試聴機プッシュにより、スルーすることなく聴けた逸材(スタッフの方に感謝です)。

なお公式サイト内のこちらでPVが2曲視聴できますので、興味のある方はご覧ください(YouTubeへのリンク)。またPVの無料ダウンロードもできる模様。

Galactic
GALACTIC/From The Corner To The Block

昔から好きなバンドではあるが(オリジナルは全部持ってると思う)、個人的には彼らの最高傑作だという気がする。ラッパーとのコラボレーションが大部分を占めるため、企画ものという側面はあるけど、ここ最近のグルーヴものではダントツのカッコ良さ。ガツンとかましてくれてファンとしては嬉しい限り。

今回ニューオリンズ色は薄く、かなりヒップホップ寄りの音に仕上がっている。とは言え、スタントン・ムーアのドラムは相変わらずタイトでカッコイイし、ベースとギターがまたいい。生音ヒップホップということでは、やはりザ・ルーツを彷彿とさせる。ニューオリンズ/ジャムバンド/ヒップホップ好きだけに留まらず、もっと色んな人に聴かれるべきバンド。ぜひともライヴが見たい。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)