Previous month:
August 2007
Next month:
October 2007

[CD] 8月後半のオススメ(後編)

引き続き、後編。まずワールド系から。

Kenge Lacrema
衝撃的だったのは、KENGE KENGE/Introducing(ジャケ左・いい顔してます)。このケンゲ・ケンゲはケニアのバンドで、迫力ある原始的ミニマルビートが心地よい。一度聴いたら病みつきになりそうなこのグルーヴ、生で聴いたらホント凄そうだ。先日エルスールで聴かせてもらい、これは! と思った一枚(大阪でも買えるため購入を断念した経緯あり)。コノノNo.1が好きな人はツボにハマること請け合い。

再発ものでは、LA CREMA/El Party(ジャケ右)が良かった。ジャケは70年代B級ホラー映画みたいだけど、中身はばっちりA級。チコ・メンドーサ(p)、ルイ・ラミレス(p,organ,vibes)、マウリシオ・スミス(fl,sax)などNYラテンの強者が参加した、適度なクールさが気持ちいいパーティーアルバム。これがラ・クレーマ唯一のアルバムというのが何とも残念。DJ受けしそうなウォー「シスコ・キッド」のカバーもいいけど、他のラテン楽曲の方がもっといいッスよ(軽やかなフルートが素晴らしい)。ちなみにエルスールの原田さんが解説を書いてます。

ZAP MAMA/SupermoonとKALI/Racines Caraibes Vol.5はサラッと聴いただけで、そのままに。。ただ後者はなかなかいい感じだった。またきちんと聴き直そう。



続いてヒップホップ/クラブ系。

Pe Photo
PUBLIC ENEMY/How You Sell Soul To A Soulless People Who Sold Their Soul???(ジャケ左)
何と今年でデビュー20周年(!)のベテラン・ヒップホップ・グループ新譜。いつもの重量ファンク+攻撃的な音はそのままに、いつもより多めに盛ったロックテイスト(2曲目はリフがまんま"I Love Rock'n Roll")に惚れ惚れ。しかしいつ聴いても、チャックDとフレイヴァー・フレイヴのMCコンビは素晴らしい。マジでポピュラー音楽界の宝だと思う。同梱DVDが相当キテる、とはDJ仲間FUNKY-Tの談(僕はまだ見れてませんが)。

口口口/Golden Love(ジャケ右)
今年出た細野晴臣トリビュートに収録の「北京ダック」を聴き、そのセンスの良さに驚いた2人組(くちろろ、と読みます)の新譜。これが想像以上にスゴイ。軟派に見えて硬派、オフビートだけど芯はブッとい、そんな感じ。スチャダラパー、TOKYO NO.1 SOUL SET(BIKKEっぽいラップもあり)などのLB Nationを彷彿とさせる曲があるかと思えば、DJで使えるトロピカルなナンバーや、谷村新司「青空」をサンプリングという離れ業(?)もあり。元ピンクの矢壁アツノブが2曲でドラムを叩いてるのが個人的には嬉しかった。他には、いとうせいこう、HALCALIがゲストラッパーで参加。ローゼンクイスト+空山基てな具合のダサめジャケ&インナー(イラストは山口はるみ)も狙い通り。



最後にロックの名盤を2枚。

Springsteen_innocent Desire
BRUCE SPRINGSTEEN/The Wild,The Innocent & The E Street Shuffle(ジャケ左)
BOB DYLAN/Desire(ジャケ右)

今更すぎますが(苦笑)、なぜかこれまでこの2枚はちゃんと聴いてなかったんですよね。。内容はどちらも素晴らしいです。それぞれ新譜やベスト盤ボックスがもうすぐ出るんで、楽しみです。


[CD] 8月後半のオススメ(前編)

お盆以降も引き続きCDを購入。いいものが結構あったんで、2回に分けてオススメをアップします(もう9月も終わろうとしてるのに、まだ8月分ですが……。もう少ししたら追いつきます、たぶん)。まず前編は年間ベスト候補の2枚。

Fionn
FIONN REGAN/The End Of History

2006年の発売ながら、最近までまったく知らなかったアイルランドのSSW。これは掛け値なしに素晴らしい!弾き語り中心の音作りが奏功し、彼の歌と才能をシンプルな筆致で力強く描き出している。透明感があり、繊細だがしっかりと印象に残る手応えある作品。どこか牧歌的な感じがするのは、随所にフォーク/トラッドの香りが漂うためだろう。

秋冬の空気にとてもフィットする音なので、これからの季節さらに愛聴しそう。音楽性が近いミュージシャンを挙げるとしたら、ニック・ドレイクやロン・セクスミスかな(音から受ける感じはタウン・アンド・カントリーあたりにも似てるかも)。難波タワレコ試聴機プッシュにより、スルーすることなく聴けた逸材(スタッフの方に感謝です)。

なお公式サイト内のこちらでPVが2曲視聴できますので、興味のある方はご覧ください(YouTubeへのリンク)。またPVの無料ダウンロードもできる模様。

Galactic
GALACTIC/From The Corner To The Block

昔から好きなバンドではあるが(オリジナルは全部持ってると思う)、個人的には彼らの最高傑作だという気がする。ラッパーとのコラボレーションが大部分を占めるため、企画ものという側面はあるけど、ここ最近のグルーヴものではダントツのカッコ良さ。ガツンとかましてくれてファンとしては嬉しい限り。

今回ニューオリンズ色は薄く、かなりヒップホップ寄りの音に仕上がっている。とは言え、スタントン・ムーアのドラムは相変わらずタイトでカッコイイし、ベースとギターがまたいい。生音ヒップホップということでは、やはりザ・ルーツを彷彿とさせる。ニューオリンズ/ジャムバンド/ヒップホップ好きだけに留まらず、もっと色んな人に聴かれるべきバンド。ぜひともライヴが見たい。


本日リニューアル

デザインを変更してみました。
慣れるまでしばらくかかるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

ちなみに僕のブラウザでは、なぜか拡大表示されてる写真もあります(クリックすれば元の大きさに戻りますが)。なぜでしょう?不具合はぼちぼち直していきますが、長い目で見てもらえるとありがたいです。。


[振り返り] 8月もろもろ

書き逃したことを思いつくまま。



阿久悠さん、逝去。数え切れないほど口ずさんだ歌、歌、歌。流行歌という言葉が消えて久しい。謹んでご冥福をお祈りします。

広島出張。帰りに原爆ドーム、平和記念資料館へ立ち寄る。老朽化した広島市民球場を横目に帰途につく。

Amazonでデジカメのバッテリーとメモリーカードを注文。封筒で十分な大きさなのに、必要以上に大きな梱包で届く。はっきり言って無駄。

高島屋で買ったベーグルが美味しかった。知り合いにあげたら、かなり喜んでた。



NHK「思い出のメロディー」を見る。植木等(故人が歌う映像も!)、加山雄三メドレーに燃えた。「真夜中のギター」、(おそらく)阿久悠さん追悼「青春時代」に加え、尾藤イサオ「あしたのジョー」を聴けたのは収穫。

お盆につき、墓参り。

Kamo1 Kamo2
お盆休み、東京の知り合いが京都に来てたので、鴨川の川床で納涼会。そのあと「松葉」で、にしんそば。数年に一回は京都で納涼会をしようという話も。

お盆休み最終日、中学時代の同窓会に参加(卒業してから初めての開催)。昼から夜まで飲んで食って話す。結局3次会まで。



Aja
世界的モデルの山口小夜子さんが逝去。STEELY DAN "Aja"(上掲ジャケ)のカバーモデルは彼女。謹んでご冥福をお祈りします。

「ハゲタカ」が再放送されて嬉しい。一回分見逃してたんで。

夏の甲子園、阪神タイガース、サッカー日本代表、水泳、世界陸上など、スポーツてんこ盛り。

部屋にカエルがいてビックリ。どうやって入ったのか謎。


東京物語(8/17,18)

昼前、以前勤めていた会社の同期と会う。おそらく数年ぶり。彼が建設プロジェクトに関わった新社屋を案内してもらう(お客様扱いで・笑)。エントランスや各スペースに余裕があるなど、なかなか考えられていて素直にいいなと思った。そのあとテナントに入っているイタリアンレストランでランチ。冷製トマトパスタ、めちゃ旨かった。店長さんから食後のコーヒーをサービスしてもらい、お得な気分で店を出る。



夕方近く、久々にエルスールへ。店主の原田さん(昨日のイベントにも寄っていただき感謝です!)と話をしながら色々聴かせてもらう。予想以上にタイポップが良かった&安かったんで(ジャケもgood)、3枚も買ってしまった。あとはアラブ、アルゼンチン、カリブを1枚ずつ。他にもたくさん欲しいのがあったけど、荷物が多くなってしまうので泣く泣く断念。これは!と思ったCDも、大阪で買えそうなのは敢えて外すことにした。

Elsurcd_3

(上段左から)
・POSSIBLE/Duangjai Yung Mee Rak
・UM NANTIYA/Sawadee Kwam Rak
・PAMELA BOWDEN/Sao Roi Suk
すべてタイポップ。みんな良かったけど、真ん中のウム嬢が特にお気に入り。冒頭のキャッチーなブラスバンド歌謡にヤラレた(加えて、最後のえせGS歌謡はDJでもイケる。ただし国境の南限定?)。全体的にはしっとりした感じのアルバム。歌も上手く、今後期待の新人。

(下段左から)
・NANCY AJRAM/Ah Wu Nos
・KEVIN JOHANSEN+THE NADA/Logo
・ANDY PALACIO & THE GARIFUNA COLLECTIVE/Watina
真ん中のKEVIN JOHANSEN(アラスカ生まれ、アルゼンチン在住のシンガーソングライター)が素晴らしかった!個人的には年間ベスト候補。フォーキーな南米音楽ではあるのだが、一言では言えない雑多な音楽性で楽しめる。フォーク、ロック、ファンク、ラテン、カリブ、ブラジル、おまけにカントリー風味もあり。落ち着いた雰囲気で聴けるアルバムだが、祝祭的な曲もまた良し。声質のせいもあり、全体的にアイロニカルで知的な雰囲気が漂う。受ける感じは違えど、ベックあたりと幹の太さが通じる気がする。久々の逸材。



夜、友人と晩ご飯。魚が美味しかった。

♯ ♯

最終日。新幹線に乗る前に友人と会う予定だったが、断念する。連日の飲み疲れ&睡眠不足につき、今回はおとなしく帰ることに……。午後、家に到着。数時間、昼寝。


東京物語(8/16)

多忙につき更新遅々として進まず。すいません。何とかこの連休で頑張ります。いつの間にか一ヶ月も周回遅れに(汗)



東京ステイ中日。朝ご飯を食べてたら、以前勤めていた会社の先輩(兼DJ仲間)から電話あり。突発的な事情により、残念ながら今日のDJイベントには参加できなくなったとのこと。その代わり、会社近くでランチをすることに。久々に元の会社へ行くと、受付の雰囲気がちょっと変わってた。お盆で少し暇だということもあり、1時間半ほどゆっくりと昼ご飯。仕事に関する話を中心に。きちんと考えを持って仕事をしている人の話は学ぶべき/共感できるところが多い。有意義な時間だった。

とにかく暑いので、カフェで一休みしてから、一旦ホテルへ避難。TVを見ながらしばし休憩。なんでも岐阜・多治見と埼玉・熊谷では史上最高の40.9℃を観測したらしい。どうりで。

イベントの前に、幼馴染みのお宅に訪問。彼とはたまに田舎で会ってるけど、奥さんとは相当久しぶりだったし、お子様とは初対面。クラシックギターの練習成果を聞かせてもらったあと、ずっと本の話。マンションからは話題の某有名人宅が見えた。

時間が迫ってきたんで、国境の南へと向かう。途中ブックファーストに寄り、新書を2冊購入。「安心社会から信頼社会へ」と「旅芸人のいた風景」。前者は先ほど会ってた友人にオススメされたもの。

7時頃、国境の南に到着。イベント開始までマスター、ヘルプに入ってたNちゃんと談笑。ぼちぼち人も集まってきたので、DJを始める。いつの間にか多くの友人、お店の常連さんなどでお店は満員御礼。すっかりいい気分で好きに音楽かけさせてもらいました(いつものことですが)。この曲何ですか?と聞いてきた外人男性お二方が、実はとても著名な方だと後で知って驚いたり、かなり趣味の合いそうな人と新しく知り合ったり。そんな楽しい夜でした。6時間以上に渡り、盛り上がった宴も深夜2時半頃お開きに。僕はと言えば、2時くらいから半分寝てたような気がしますが…。



さて遅まきながら御礼。急なお知らせにもかかわらず、たくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。DJsもお疲れさまでした。今回も色んな人に会えて、ホント楽しかったです!お盆につき旅行などで来られなかった人、またお盆だけど仕事の都合で来られなかった人、上京したらまた声かけますんで、ぜひよろしくお願いします。


東京物語(8/15)

更新がすっかり滞ってて、スイマセン……。今更ながらの東京編、自分の備忘録として書いてますので、もうしばらくお付き合いください。

お盆。猛暑の東京ステイ2日目。ホテルで洗濯などして、昼前に外出。渋谷で合流し、自由が丘へ。ランチはイタリアン。有名店なのか、店内は満員御礼(ほとんど女性客)。すぐには入れないので、近くの喫茶店で時間つぶして再訪。待っただけあり、なかなか美味しかった。ビール飲みたい気持ちをグッとこらえる。

お腹がいっぱいになったところで、等々力渓谷へ。初めて来たけど、緑が多くていい(もう少し涼しければ最高だった)。しかし都心からすぐのところに、こんな場所があるのは驚き。てくてく歩き、高台にある神社まで登って、一息つく。僕らと同様、涼を求める観光客が多かったような気がする。そのあとまた駅の方へ戻り、喫茶店で水分補給しながら、次にどこ行くか相談。

Yokohama_yugure
相方の希望で、次の目的地は横浜に決定。何年ぶりかでみなとみらいに行ったけど、ここも人でごった返し。海を目指し、プラプラと赤レンガ倉庫の方へ。海の見えるベンチでしばし語らう。夕焼けがいい感じだった。やっぱ海はいいなー。

諸事情により、恵比寿に移動してから晩ご飯。焼鳥屋で何だかんだ話し、サクッと9時半にはお開きに。今日は暑い中、結構移動した。思いがけず横浜にも行けて、楽しかった。