[CD] 9月のオススメ(再発・中古編)
狩野永徳展

タモリ、奇跡の紙ジャケ再発!&加藤和彦の名作も!

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1693217&GOODS_SORT_CD=101

オークションなどで高値を呼んでいたタモリのCDが、ついに紙ジャケで再発されます!「タモリ」「タモリ2」「ラジカル・ヒステリー・ツアー」の3枚がそれ。なぜ今?と思ったけど、どうやら今年でレコードデビュー30周年らしい。

おそらく何回か耳にしたことはあるはずだけど、買わないまま今まで来てしまってました。「ハナモゲラ」に「四カ国語マージャン」、「中洲産業大学森田一義教授」による音楽講座など、往年の「アングラ芸人タモリ」が爆発(DVDでイグアナがあればもっと良かったけど・笑)。アフリカ民族音楽「ソバヤ」も楽しみです(コメントにあるように、フェラ・クティのアフロビートへの回答曲みたいなんですかね?)。

発売日は12/19。これはもう早速予約でしょ。個人的には今年最も嬉しい再発のひとつです。冗談音楽やコミックバンド好きはもちろん、お昼休みのうきうきウォッチャーさんもぜひ。

あとは未CD化のままの「タモリ3 戦後日本歌謡史」が再発されたら、それこそ奇跡中の奇跡だけど(まぁ無理でしょうね……)。このあたりの経緯はレコードコレクターズ9月号「アルファの宴」(連載第17回目)に詳しく載ってますので、興味のある方はそちらをご覧ください。



http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1675244&GOODS_SORT_CD=104

そしてそして、加藤和彦「ガーディニア」も紙ジャケ再発されます(和製ボッサの名盤!)。これも本当に嬉しい。アナログが欲しくて数年探してたけど見つけられなかった(苦笑)代物。

昔S★KENに一度聴かせてもらったけど、内容がホントに素晴らしかったです。ちなみに発売日は11/2で、リマスタリングはセイゲン・オノ氏が担当。

う〜ん、このところ続々と欲しい音源(新譜・旧譜問わず)が出るので、嬉しい悲鳴です。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)