Previous month:
October 2007
Next month:
December 2007

「BIOMBO/屏風 日本の美」展ほか

先週日曜、大阪市立美術館「BIOMBO/屏風 日本の美」展を見に行ってきた(12/16まで開催中)。先日見た京都の狩野永徳展(こちら参照)と違って人も少なく(それでもぼちぼち入ってたけど。あくまで比較の問題)、ゆったりと見ることができて幸せな気分に浸れた。やっぱりこれくらいの余裕がないとね。前後半で入れ替えが結構あるため、もう一回行こうかと画策中。以下、特に気に入ったものを列挙すると。

*泰西王侯騎馬図屏風(サイズがでかく、惚れ惚れ。エチオピア王の姿も)
*レパント戦闘図・世界地図屏風(前者はレパントの海戦、後者には人魚も)
*豊国祭礼図屏風(輪になった民衆の躍動感)
*柳橋図屏風(色も渋く、スタイリッシュ。現代でも十分通じるデザイン感覚)
*四季折々の風俗画(特に田植え・収穫など農作業の風景があるもの)

事前に想像していたよりも非常に見応えがあり、大満足。とりわけ上の二つは、日本+異国(日本画+洋画、屏風+異国の人・物・事)のB級的な混ざり具合が抜群。南蛮屏風(後半で展示。見たい!)にも通ずるエキゾチシズムとともに、本物にはなり切れない「えせっぷり」がたまらなかった。これはラテン歌謡などの「まがい物」が好きな音楽の趣向にもつながってるんだろうなと思ったり。また僕自身が最も興味のひかれるポイントは、異文化が交差するところ(誤解や曲解も含め)にあるんだなと再認識したり。屏風そのものの素晴らしさに加え、そんな自分の立ち位置を確認できたことも有意義だった。



当日は文庫本も久々に購入。まず古本屋で「果実酒入門」(カラーブックス)を。美術館では「江戸商売図絵」を。特に後者はすべて図入り、600ページ超の労作。衣食住、薬、芸能などに加え、物貰いや季寄せに関する仕事も紹介されている。昔は色んな商売があったんだなーと(今でも残っているものもあるが)、パラパラめくって楽しめる一冊。「わいわい天王」「すたすた坊主」「親孝行」という仕事(笑)が、どんなのか気になる方はどうぞ。



江戸/芸能つながりで言うと、落語特集の雑誌も買ってたっけ。サライ「続・落語入門」、男の隠れ家「落語を愉しむ」がそれ。喜んで買ってきたはいいけど、ゆっくり落語を愉しむ余裕がないんだよなぁ…。何とか時間を捻出したいとは思ってるんだけど。寄席にも行きたいしね。



日記をご無沙汰してるんで、最後にちょっと近況報告。つい最近新しく始めたことがあって、平日も休日も結構忙しくしてます。以前に比べてまとまった時間が取りにくくなってるんですが、細切れの時間で何とか音楽聴いたりしてます。日々忙しいけど、楽しくやってます。ホントありがたいことです。


[CD] 10月のオススメ(ワールドミュージック編)

10月編ラスト(ようやく…)は、ワールドミュージック関連。まずはエルスール通販で購入した5枚から(写真下)。

Dr_elsur
(上段左より)
JOSE ANTONIO MENDEZ/Canta Solo Para Enamorados
V.A./Dip & Fall Back Classic Jamaican Mento
RALPH THAMAR/Otantik

何はともあれ、エルスールレーベルの第一弾、ホセー・アントニオ・メンデス「フィーリンの誕生」から(紹介がとても遅くなりスイマセン…)。しっとりした情感に溢れ、本当に素晴らしい。今年の発掘ものでは間違いなく上位にランクインでしょう。音楽大国キューバのフィーリン(ボレーロを下敷きにしたラテン歌謡)はあまり一般に馴染みがないかもしれないけど、良質で落ち着いたヴォーカルミュージックを求める向きにはぴったりだと思う。このCDはふと寄り添う感じで、押しつけがましくないところが好み。ただオルガンが興味深い音だったりするんで、サラッと聞き流すにはちょっと勿体ない逸品。

ジャケットも雰囲気あって、中身同様、秋冬の夜にぴったり。しっとり系ボサノヴァ好きはもちろん、ジャズ・ヴォーカ ル、シャンソン好きにもオススメ。原田さん入魂のライナーノーツも読み応えあり。ちなみにエルスールで買うとおまけCD-Rも付いてくるんでお得です(詳細は下記URL参照)。原田さん、第二弾も楽しみにしてますよー(決してプレッシャーをかけてる訳ではありません)。
http://www.elsurrecords.com/contents/staff/jose-elsur001.html


お次はTROJANから出たジャマイカ・メントのコンピ盤。これは和みます。温もりを感じる歌・演奏がとてもいい。メント/カリプソ好きはもちろんマストだけど、休日の午後のひとときを彩るBGMをお探しの方にもオススメ。ほっこりします。続いてもカリブ海。元気出そうな黄色いジャケは、マルチニーク出身のベテランで元マラヴォワのヴォーカリスト、ラルフ・タマールの新譜。汎カリブ的で色んな音が飛び出すパーティー・アルバム。楽しく、かつ極上のカリビアン・スウィング。日本盤が出てないのは残念だけど、気になる方はぜひ。

(下段左より)
KEVIN JOHANSEN+THE NADA/City Zen
V.A./Global Accordion  Early Recordings

新作"Logo"が素晴らしかった前者、未聴だった前作(2004年リリース)もゲット。こちらも豊穣な音でいい感じ。声がどことなくルー・リードっぽいなと思ったり。後者は世界中のアコーディオン・ミュージックを集めたコンピ盤。録音年度は古いけど(1927〜48)、ヴァラエティに富んでてなかなか。蛇腹好きの方、どうぞ。



Dr_brazil
最近はブラジルものにまったく触手が伸びず、とんとご無沙汰してた。タワレコで以前から好きな女性シンガーの新譜を発見し、久々に購入。

(左より)
MARIA RITA/Samba Meu
ROBERTA SA/Que Belo Estranho Dia Pra Se Ter Alegria

前者はサンバが基調、後者はMPB+サンバって感じでしょうか。両方とも気持ち良く聴け、とてもいいッスよ。以上、久しぶりに南国寄りのセレクトになりました。寒い時ほど、あったかいところの音楽を聴くのも一興かと。

<11/18 10:10PM 追記>
上記のMARIA RITAは、サンバに加えて結構ジャジーな曲もあります。


[CD] 10月のオススメ(日本編)

まだまだ続く10月編(笑)、もう少々お付き合いください。

Dr_nakano
(上段左から)
中納良恵/ソレイユ
Eccy+Shing02/Ultimate High
木村カエラ/Yellow

すべて新譜。まずはエゴ・ラッピンのヴォーカル中納さん初ソロ。ここ最近のエゴは聴いてないけど、それに比べるとこちらはかなりシンプルな作りらしい。フレッシュで清々しい感じがして、僕はかなり好み(単純にいい曲多いし)。何となくキャロル・キングや吉田美奈子、UAの初期を思い出した。

残り2枚はともにマキシシングル。Eccyて人は若いけどいいセンスしてるなぁ。なかなか手が回らないクラブ/ヒップホップ系でピンと来た一枚。久々にフルアルバムが楽しみな新人。カエラ嬢のシングルはエッジの立ったロック。ザラッとした感触がめちゃカッコイイ。こういうのがホント似合う。カップリングはモッズっぽいブリティッシュ・ロックなど。狙ってもできないロックでポップな良い立ち位置にいます、彼女。



(下段左から)
天地総子/天地総子大全〜フーコのコマソン・パラダイス
YUKI/Five-Star
オリジナル・ラヴ/Love! Love! & Love!

こちらは再発ものとベスト盤。まずフーコさん。「全国こども電話相談室テーマソング」や「アート引越しセンター」(これがなかなかの佳曲)といった今まで何度となく耳にしてきた歌がズラリ。CMだと15秒だけど、これらがフルヴァージョンで聴けるんだから、もうたまりません。「日石灯油だもんネ」「でん六まめ」など脱力系(笑)も楽しいし。お次はYUKIのシングル・ベスト。今どきのJ-POP女性アーティストのなかでは、木村カエラやBENNIE Kと並んで好きな一人。敬遠する向きもあると思いますが、彼女はキュートで(お母さんなのに!)勢いがあるし、何と言っても曲がいい。いつ聴いても「メランコリニスタ」と「ふがいないや」は名曲だと思ってしまう。

最後にオリジナル・ラヴの再発盤(EMI時代のが紙ジャケリマスタリングにて再発)。ついこないだの気がしてた90年代も回顧対象になってきたのか?僕が買ったのは、テープしか持ってない名作1st"Love! Love! & Love!"。今聴いても驚くほど完成度が高い。個人的には「風の歌を聴け」が彼ら(彼?)の最高傑作だと思うけど、それに比肩する出来。得難い個性の持ち主である田島貴男さんには、ぜひとも頑張ってほしいと思う。

以上、SSW、ヒップホップ、女子高生ライクなもの、CMソング集、渋谷系名盤と見事にバラバラなセレクト。でも、みんな良盤ですよ。


[CD] 10月のオススメ(ディラン編)

とてもロック編には収まりきれず、ボブ・ディラン単独で。今年はディランのデビュー45周年という節目の年であり、ホント困ったことに(笑)続々と関連リリースがあるんです(最新情報満載サイトはこちらこちら)。まずは、ぼちぼち出始めてるところから。

Dylan_3box
BOB DYLAN/DYLAN

Dylan_nakami Dylan_box
ディラン何度目かのベスト盤、その名もずばり"DYLAN"。全51曲3枚組の集大成ボックス セット。

外見は布張りカバーのデラックス・エディション仕様(右上写真参照。開けるとビロードみたいな手触りの布+まぶしいコロンビアの金色ロゴ)。中にはレア写真満載のブックレット、10枚組の限定コレクターズカードが封入され、肝心のCDは紙ジャケ仕様&2007年新規リマスターと盛りだくさん。加えて日本盤には独自のブックレットも付いてます(日本盤は8,000セット限定なので、気になる方はお早めに)。

ただこれ聴いただけじゃ当然満足できず。結局はオリジナル・アルバムやブートレッグ・シリーズを無性に聴きたくなって、色々引っ張り出してくる始末。



Imnotthere
V.A./I'm Not There

お次は、全米で間もなく公開されるディランの伝記映画"I'm Not There"(全米公開は11/21、日本公開は来年の模様)。これがまた一筋縄でいかない映画で、何と6人の俳優がディランを演じてるらしいです(しかもそのうちの一人が女優のケイト・ブランシェット!)。ディランは男性であり女性であり、白人であり黒人でもあるという設定らしく、その型破りな感じがとてもそそります。こちらの予告編を見る限りは、どんな映画なのか正直よく分かりません(笑・でも楽しみ)。日本ではさほど話題になってない気はしますが、ヴェネチア国際映画祭で賞も取ってました(こちら参照)。

その映画ともども話題になりそうなのが、豪華メンツがディランをカバーした上掲2枚組サントラ。お題がディランだけあって、当然名だたる顔ぶれがズラリ(とても書き切れないんで、詳細はこちらを参照ください)。スフィアン・スティーヴンス(!)やヨ・ラ・テンゴ、ジェフ・トゥイーディ(ウィルコ)やシャルロット・ゲンズブール(!)に代表される若手に加え、ロジャー・マッギン(!)やランブリン・ジャック・エリオット、リッチー・ヘヴンスなどのベテラン勢にビックリしてたら、最後には何とディランwithザ・バンドの名前が(何と未発表曲のようですよ!?)。先日タワレコで買ってきましたが、調べたらAmazonの方が安かったです(よかったらこちらをどうぞ)。ちゃんと聴いたら後日またレビューします。



他にも続々。世界初の公式REMIX/MASH UP企画の一環だと思われるリミックス盤(もう出てますが未聴。先頃出た日本盤の2枚組ベストにはボーナスCDとして付いてるようです……)、"Like A Rolling Stone"のPV制作、新しいブートレッグ・シリーズ、ニューポート・フォーク・フェスティバルのDVD('63〜'65年のディラン演奏シーンのみを集めたもの。輸入版はもう出てましたが、対訳があるだろう日本版はこちら)など。

書いてるだけで何だかお腹いっぱいになってきましたが、とにかく今年いっぱいディラン三昧になりそうな予感。かく言う僕は、もうディラン漬けの日々ですけどね(笑)


[CD] 10月のオススメ(ロック編)

深まりゆく秋。

Xmas商戦をにらんでなのか、気になる新譜(&再発新品)が次から次に出てきて困りもの(嬉しい悲鳴ですが)。好きなミュージシャンの新譜をチェックするのに精一杯で、しばらくは中古屋まで辿り着けそうにない感じです。前から出てるのは分かってるんですが、R.E.M.もニール・ヤングもロバート・ワイアットもデヴェンドラ・バンハートも聴けてない状況ですし…。

そんな感じですが、オススメCD結構あるんで、また数回に分けてお届けします。まずはロック編から。

Dr_bruce
(左上から時計回りに)
BRUCE SPRINGSTEEN/Magic
JOHN FOGERTY/Revival
THURSTON MOORE/Trees Outside The Academy
OMAR RODRIGUEZ LOPEZ & LYDIA LUNCH/Same

話題のブルース・スプリングスティーンは、ロックロックしてた"Born To Run"〜"The River"の頃を思い起こさせる傑作。今年出た"Live In Dublin"も好きだったけど、ロックな今作1曲目のギターで長年の胸のつかえがおりた感じがした。同じくベテラン、元CCRのジョン・フォガティはいつも通りのフォガティ節。ハツラツとしててハード・ドライヴィン。昔からのファンには「変わらんなー」とニヤけさせ、CCRを知らない人には「何だこのカッコイイおっさんは?」とアピールするかもしれない。ちなみに古巣ファンタジーに復帰してのリリース。

またサーストン・ムーアのソロ(歌もの)、オマー・ロドリゲス・ロペスのデュオ作(5曲25分弱のライヴ盤)は内容も良く、それぞれが在籍しているソニック・ユース、マーズ・ヴォルタのファンはもちろん必聴。

Dr_jack
(上段左から)
dbClifford/Recyclable
JACK PENATE/Matinee
THE RUMBLE STRIPS/Girls And Weather

いつもベテランばっかりなもんで、たまにはフレッシュな新人も。dbクリフォードはフランス育ち・カナダ在住のSSW。ほんのり懐かしさを感じさせるポップなメロディが持ち味だけど、アーバンAORの匂いがするのも面白い。ベン・フォールズやポップなロックが好きな人にオススメ。シティ・ポップス愛好家もぜひどうぞ。

ジャック・ペニャーテとランブル・ストリップスはともに英ロック新人。ブルーアイドソウルやギターポップ、そしてジャム〜スタカン期のポール・ウェラーが好きな人にオススメ。黒人音楽(スカ含む)を自分たちなりにうまく消化しているところが、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズやスペシャルズを彷彿とさせる。パブロックの匂いがプンプン漂うところも個人的には好み。

(下段左から)
V.A./Goin' Home: A Tribute To Fats Domino
BROWNING BRYANT/Same

まずは問答無用!のファッツ・ドミノ・トリビュート。数々の名曲を豪華アーティストがカバーしてます。はっきり言ってスゴイ面子(列挙すると大変なので書きませんが…。気になる方はこちらをどうぞ)。ロック/ニューオリンズ/R&B/ソウル/ファンク/レゲエ好き、みんなまとめて必聴。ファッツ・ドミノ、やっぱ基本ですね。国境マスターがこちらに書かれている日記もぜひご覧ください(いつも楽しく読ませてもらってますー。マスターの的確にして軽妙な境地に至るには、何度となくドクターストップを受けるくらいじゃないとダメなんでしょうね・笑)。

お次もニューオリンズ関連。録音当時15歳の白人SSW、ブロウニング・ブライアントの再発盤(世界初CD化)。何とプロデュースがアラン・トゥーサンで、バックにはミーターズも参加。甘口のヴォーカル、メロウ・ファンキーなグルーヴが心地よく、ところどころでトゥーサン・アレンジも炸裂。これは相当な名盤。よくぞ再発してくれました。

何だか長くなったので、オススメの続きはまた時間のある時にでも。