2008年ベストアルバム(啓蟄version)
2008年ベストアルバム(穀雨version)

[CD] マエストロたち

7
・キリンジ「7 -seven-」

今や日本を代表するポップ・マエストロである堀込兄弟の新譜は、前作「DODECAGON」の好調さをしっかりとキープした逸品。ソウル、AOR、ポップス、フォーク、レゲエ、カントリーなどをベースにしつつ、どこを切ってもキリンジ印の楽曲が並ぶ(時折スティーリー・ダンや大滝詠一が顔を覗かせるが)。ここまで粒揃いのポップ・アルバムはホント久々に聴いた。

前作でフィーチャーされていたエレクトロ風味が奥に練り込まれたことにより、二人のヴォーカリストとしての魅力と類いまれなるメロディセンスが浮かび上がってきた感じ(もちろんエレクトロも絶妙の隠し味になっている)。いい曲が目白押しの中、あえて1曲選ぶとすると、ゆったりしたビートに揺られる引っ越しソング「この部屋に住む人へ」(M-9)。心地よいリズム、彼ららしいメロディ、そして歌詞もキリンジ・テイストに溢れたナイス・チューン。最近キリンジ聴いてないよなぁという方もぜひ。メジャーデビュー10周年を迎えた彼らが新たな黄金期に入ったことを印象づける一枚。

K1
・鈴木慶一「ヘイト船長とラヴ航海士」

こちらは30年以上も第一線で活躍する日本ロック界のマエストロ、鈴木慶一の17年ぶりのソロアルバム。ムーンライラーズをはじめ(そう言えばこちらも兄弟でバンドやってますね)、色んなところで精力的に活動中なのはご承知の通り。このアルバムは各所で絶賛されていることもあり、熱心なファンとは言えない僕もいっちょ聴いてみるかと購入した次第。

で、期待半分、不安半分で聴いてみたんだけど、これは文句なしの傑作。言葉、声、音、すべてが素晴らしいッス。プロデューサーである曽我部恵一との相性もgood。いいねー、この「Keiichi」コンビ(ちなみに「KeiichiからKeiichiへ」という曲もあり。一枚通して音楽遺産が受け継がれるドキュメントとも言えるかな)。

つい何度もリピートしたくなる曲が並ぶが、特に「Sukanpin Again」「自動販売機の中のオフィーリア」「煙草路地」(はちみつぱい時代のリメイク。遠藤賢司ライクなヘヴィチューン)などが気に入った。若造には真似できない力強い筆致は、ニール・ヤングを彷彿とさせたり(随所に見える繊細さも含め)。まさにベテラン健在、しかもちゃんと今の音なのが嬉しい。飽きずに何度も聴いてるもんだから、「all right 船長」というコーラスが頭から離れなくて困ってます。まぁ、それくらい繰り返し聴けるアルバムってことで。宜候。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)