[CD] 最近のオススメ(女性ヴォーカル編)
[CD] デヴィッド・バーン参加の新譜3枚

[CD] モリッシーのパワフルな新譜

Morrissey_yor(2) Smiths_sound(2)
・MORRISSEY/Years Of Refusal
・THE SMITHS/The Sound Of The Smiths

モリッシーの新譜が素晴らしい。"You Are The Quarry" ('04)、"Ringleader Of The Tormentors" ('06)といった近作もかなり良かったけど、個人的にはそれらを上回る傑作だと思う。僕などはスミス時代のなよっとしたイメージがまだ幾分残っているため、予想を超えるパワフルさに正直驚いたほど。

のっけから潑剌としたバンド・サウンドで最後まで一気に聴かせるのだが、とりわけグイグイ迫るリズム隊がいい。彼らが推進力となり、アルバム全体に疾走感と高揚感をもたらしている(安定感ある2本のギターもいい感じ)。若く、もしかしたらパンク上がり?と思わせるリズム隊の2人は、ビジュアル的にもはっちゃけてる感じで良し。よって、DVD付きの購入がオススメ(モリッシーの長尺インタビュー、ライヴ2曲、PV1曲を収録)。

全編通してキャッチーでライヴ感ある楽曲が並ぶなか、特に中盤の流れが最高。個人的なイチオシを無理やり選ぶと、トランペット&口笛入りのM-6だろうか。これはぜひCAKEにカバーしてほしい名曲(哀愁漂うメロディで雰囲気的にも絶対ハマるはず)。なおM-3でジェフ・ベックが参加しているのに加え、ライノで様々なリマスターに関わった巨匠ビル・イングロット(!)がマスタリングと聞けば、触手の伸びる人もいるのでは?

今年で50歳になる(←ちょっとビックリ)とはとても思えないテンションの高さ、そしてとにかく単純にカッコイイんで、ロック好きの老若男女の皆さん、ぜひ!

ジャケ右は去年ライノから出たスミスのリマスター・ベスト(ジョニー・マーが監修)。音が良くなったこの盤で改めて彼らのキャリアを俯瞰して聴いたけど、まったく古びないカッコ良さにシビレた(ちなみに以前アップした80年代ロックベストでは"The Queen Is Dead"を3位にしてます)。

フロントで眼鏡をかけているのがモリッシー、右端でギターを持っているのがジョニー・マー。彼らが解散してからもう20年以上経つんだなぁ、としみじみ。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)