[SMH-CD] MARY'S DANISH / Circa
Wilco (The Album)

[追記] キヨシロー追悼番組

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090508-00000021-nkbp_tren-ent

NHKで特番やるみたいです。これは見なきゃ&録らなきゃ。

・「愛しあってるかい?〜キング・オブ・ロック 忌野清志郎〜」
  5月10日(日)午後11:30〜翌0:19 NHK総合

・「SONGS 忌野清志郎ライブ 完全版」
  5月12日(火)午前0:45〜1:34 NHK総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000034-sanspo-ent

今日の告別式、一般向け弔問時間が大幅に延長される模様です。遠くからご冥福をお祈りします。

Comments

飯田

青山葬儀所、行ってきましたよ。

会社からバイクで15分ぐらいの場所なので、
仕事を一段落させて急行。夜の8時半ごろ
葬列の最後尾である、地下鉄の乃木坂駅の出入り口に
着きました。
とにかく、葬列が長くて、出入り口から階段を昇り、青山墓地の真ん中を走る道路(トンネルがある奴)を外苑西通りにかかっている陸橋部分のところで折り返して、弔問客を誘導してました。

人の数が半端なくて、葬儀所の門を通過するまで40分ぐらいかかって、門から献花台まで1時間かかりました。
葬儀ですが、報道にもある通り、「青山ロックンロールショー」と銘打ってって、野外ライブみたいでした。スタッフもツアーTシャツ着てましたし。
会場に入ったとき、ちょうど彼の遺作が流れたんですが、それを聴いた時と、祭壇にあった骨壷が入った小箱を見たときは、こみ上げるものがありましたね。

それと、昨日まで東京は長雨が降ってたのに、今日は快晴。もっとすごかったのが、外苑東通りをバイクで走行中、青山一丁目交差点にさしかかったとき、ツインタワーの真ん中から除いた超キレイな満月が登場。

ホントに「雨上がりの夜空に」に出てくる歌詞の
「ジンライムのようなお月さま」でした。

YouTubeでRCとか見ながら、mixiにまとめられてた、ブログなどからコピペされた有名人の弔文を読んでたらマジで泣けてきました。

オレは清志郎の熱狂的なファンじゃなくて、「シンパ」ぐらいな人間なんですけど、それでも鼻水拭いたティッシュのカスが溜まるぐらいだから、ずっと追っかけてた熱烈なファンはツライでしょうねぇ。

彼の音楽にはこれまで相当楽しませてもらいましたが、まだまだ聴いていない作品が山のようにありますので、そちらも今後、堪能していきたいと思います。

jackie

>飯田くん
レポありがとう。やっぱり「青山ロックンロールショー」には相当な人が来てたんだね。

ツアーTシャツ着てるスタッフがいたりすると、「まだまだツアーは続くんだぜ〜!」って清志郎が叫んでるようにも思えてくる。

俺も彼の熱狂的なファンじゃないし、「シンパ」だと意識したこともなかった。でも、亡くなったことを知って体中の力が抜け、何とも言えない喪失感に襲われたのには、自分でも驚いた。

いつの間にか彼の音楽が体に染み込んでいたからなんだろな(ごく当たり前の日常生活みたいに)、と思ったりした。

これからは残された作品を楽しんでいくのはもちろん、彼の凛とした姿勢を少しでも自分の生活に注入していきたいと思います。

飯田

>俺も彼の熱狂的なファンじゃないし、「シンパ」だと意識したこともなかった。
>でも、亡くなったことを知って体中の力が抜け、何とも言えない喪失感に
>襲われたのには、自分でも驚いた。

>いつの間にか彼の音楽が体に染み込んでいたからなんだろな(ごく当たり前の
>日常生活みたいに)、と思ったりした。

昔、石原裕次郎が亡くなった時(清志郎より若かったんですよね)に、
彼と同世代のおじさんおばさんが悲嘆にくれてた意味が、俺は当時子供だったので
理解できなかったんですが、34歳(あと、3か月で35歳。四捨五入すると、
不惑。笑)になって判るような気がしました。
要は青春時代の1ページが終わったってことなんでしょうね。

高校のとき、まさに↓
http://www.youtube.com/watch?v=M7gZPrC5za8
の、ライブCD(the TEARS OF a CLOWN)を図書館で借りて、
テープにダビングしたのを登下校の電車や休み時間に
聴いてましたからね。
「トランジスタ・ラジオ」の世界観そのまんまでしたよ。

この曲を聴くと、高校生のころの退屈で不自由な日々の生活を
深夜ラジオや、そこでかかってた楽曲で紛らわしてことが
思い出されます。

聴きながら、このコメント書いてるだけで、涙がこぼれてきた。

jackie

>飯田くん
すっかりレス遅くなってゴメン(何だかヘヴィな一週間だったもんで)。

さっきから"the TEARS OF a CLOWN"を聴き直してます。「トランジスタ・ラジオ」は本当に名曲だよね(改めて、とてもキラキラしてるなぁと)。

コメントを読んで、田舎の高校生だった自分の退屈で情けない毎日を思い出した。洋楽のヒット曲(もちろん80'sど真ん中)を聴きあさり、友達の影響もあって日本勢ではサザン・佐野元春をかなり聴き込んでた。

RCは「BEAT POPS」を、家から自転車で10分のところにあった貸しレコード屋(まだCDじゃなかった)で借りたのが最初。懐かしいッス…。

我らが国境マスターの、RCとの意外なつながりが日記に書かれてました。
http://www.kokkyo.net/diary/#a000963

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)