[CD] ジョー・ヘンリーがまた傑作をリリース
[DJ EVENT] 連休に2日連続イベント(渋谷・国境の南、逗子MJP)

[SMH-CD] V.A. / That's What I Call Sweet Music

約一ヶ月半ぶり、久々の「私的名盤アワー」です。しかし不定期連載ってのは気楽でいいですね〜。

Sweetmusic


さて第6回目はオールド・ジャズ。本作の正式タイトルは"From R.Crumb's 78RPM Record Collection - That's What I Call Sweet Music - American Dance Orchestras of the 1920s"。「ロバート・クラムのSP盤コレクションお蔵出し〜1920年代のアメリカン・ダンス楽団集」てな感じだろうか。本日(8/30)めでたく66歳の誕生日を迎えたクラムへのお祝いも兼ね、今回は彼が編纂したコンピ盤をオススメします(最近だと、熱帯の女性歌手ばかりを集めた"Hot Women"がようやく日本盤でも出た)。

ロバート・クラムと言えば、漫画家/イラストレーターとして有名なだけでなく、CHEAP SUIT SERENADERSやLES PRIMITIFS DU FUTURといった音楽活動、ブルースをはじめとした数々の復刻盤ジャケット等で好き者には今さら説明不要の人だろう。そして映画「ゴーストワールド」に出てくる冴えない中年コレクターのモデルとなったように(スティーヴ・ブシェミがハマリ役!)、世界に名だたるSP盤コレクターでもある。



本盤はそのクラムが選曲しただけあって、ほとんど名前を聞いたことのない楽団ばかりが収録されている(僕が知ってるのはEarl HinesとRed Nicholsくらい)。でもこれがみんなまろやかで、ホントにいい。何度聴いてもまったく飽きがこない。7,8年前に購入した時、どれだけマニアックな音が飛び出してくるのかと構えて聴いたら、素直に楽しい音ばかりが流れてきて拍子抜けしたほど。まさにタイトルに偽りなし、Sweet Musicがギッシリとつまった好盤。

20年代と言えば、大恐慌前のジャズ・エイジ。コットン・クラブ、禁酒法、マフィアなどがすぐ浮かんでくるように享楽的な都市文化が花開いた時代。よって本盤に収録されてるのも、ダンサブルでポップ、スウィンギーでウキウキする音ばかり。また収録曲の半分以上がヴォーカル入りで、その素朴な味わいが何ともたまらない。

これはもちろんSP盤起こしなんだろうけど、ノイズもほとんどなく、驚くほど音がいい。こういうのを聴いてると、とても豊かな気分になる(音自体もまろやかだし)。購入当時は、80年前の音を聴いてこんなに楽しめると思わなかったくらい(クラムのイラストを満載した手書きライナーを眺めてるだけでも楽しいし)。ホント、マニアに独占させておくのはもったいない逸品です。



と、オススメしたのはいいものの、どうやら現在入手困難らしく……(10年前に発売されたCDなのに)。ちなみにAmazonではえらい高額になってます(汗)。内容は文句なしに素晴らしいので、もし中古で安く見かけたら、ぜひお買い求めくださいませ。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)