加藤和彦氏、死去
マドンナの2008年ツアーCD+DVDが12月にリリース

[SMH-LP] AMBITIOUS LOVERS / Greed

だいぶ涼しくなってきましたね。皆さま、風邪など引かないよう、くれぐれもご自愛ください。

さて約1ヶ月ぶりの「私的名盤アワー」、第8回目の今回は久々にアナログ盤をご紹介します(アナログは2回目)。

Ambi_greed

最近ちょっとご無沙汰している感もあるアート・リンゼイ(ギタリスト、シンガーとしてだけでなくプロデューサーとしてもいい仕事してる才人。ジャケ写左・メガネの方)。彼が80年代にピーター・シェラー(キーボーディスト、本作のプロデューサーでもある)と組んだデュオがこのアンビシャス・ラヴァーズ。

ソロになってから、特に最近の彼はアコースティック色が濃い印象だけど、この辺りまではDNA(僕もブライアン・イーノがプロデュースしたコンピ盤"No New York" に衝撃を受けたくち。特にJAMES CHANCE & THE CONTORTIONSのこの曲はホントによく聴いた)〜ラウンジ・リザーズといった先鋭的なNYシーンの臭いがしてかなり好きだった。



このアルバムは'88年リリースの傑作2nd。まだアナログで新譜を購入することが多かった時代につき、僕はアナログしか持っておらず、いったん聴き出すとA面ばかり何度もリピートしてしまう盤である。1stが"Envy"('84)なもんで、七つの大罪よろしく7枚は出すんだろうと思ってたら、彼らは"Lust"('91)を発表後に解散してしまいとても残念だった(しかし今思い出しても実にいいユニット)。

内容の方はファンクをベースに、ブラジリアン、ジャズなどを取り混ぜ、クールでアヴァンギャルドだけど随所にポップさもあり、といった感じ。特に突然切り込んでくるアートのチューニング狂ったノイズギターがたまらない。もっともっと!てな感じで盛り上がる。発売から20年以上経った今聴いても十分すぎるほどカッコイイ。オススメはいくつかあるけど、ホワイト・ファンクなA-1"Copy Me"(イントロから鳥肌もの。下記ライヴ・ヴァージョンはイントロ違うも猥雑な感じがいい)と、一筋縄でいかない変態ポップ・ファンク(後半から徐々にブラジリアン・モードに)のA-4"King"がとりわけ素晴らしい。これらはできれば爆音で聴きたいところ。




またサンバやボサノヴァが数曲で聞こえてくるのも、まだちゃんとブラジル音楽を聴いてなかった当時の僕には新鮮だった。なぜブラジルかというと(ご存じの方も多いと思うけど)、これはアートが3〜17歳までブラジルに住んでいたことによる。後年カエターノ・ヴェローゾやマリーザ・モンチといった大物をプロデュースするなど、現地ミュージシャンとの交流も深いのはご承知の通り。

当然ながらゲストも強者揃い。ヴァーノン・リード(リヴィング・カラーの新譜も出た模様)、ジョン・ゾーン、ビル・フリゼール、ジョン・ルーリー、ナナ・ヴァスコンセロスなどが参加。このところ80年代音楽が紙ジャケで再発されてたりするけど、本盤もボーナストラックや映像付きでぜひリマスター再発してほしいもんです(たぶん今までちゃんと再発されてないはず)。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

※おまけ



Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)