W杯、組み合わせ決定!
ギャラクティック、来年3月に来日決定

[CD] 師走のオススメ

あっという間に師走。ぼちぼち年間ベストアルバムが発表される時期が近づいてきました。僕もまた年末or年始にアップする予定ですんで、お楽しみに。

その前に、今回は最近のオススメ新譜をジャンル混合でお届けします(見事にバラバラです)。ではよろしくどうぞ。



Carnation_velvet  Jayz_bp3
・カーネーション/Velvet Velvet
・JAY-Z/The Blueprint 3

最初はロックな2枚を。まずは3年ぶりの新譜(通算14枚目)をリリースしたカーネーション。ドラマーが抜け、2人組になってから初のアルバム。独立問題など色々なことがあってかなり大変だったみたいだけど、相変わらずのカッコ良さに一安心。強靱かつ潑剌とした演奏良し、直枝政広の歌・独特の歌詞世界も良し、フックの効いたメロディ良しと、いいとこずくめ。ゲストには大野由美子(バッファロー・ドーター)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)らが参加。振り切れそうな勢いのおやじロック。

次はロック魂溢れる(←あくまで僕のイメージ)ヒップホップ界の重鎮ジェイ・Z。カニエ、リアーナ、ティンバランド、キッド・カディなど(多すぎて書ききれない…)、ビッグネームから新人までてんこ盛りのゲスト陣を迎えた新作。ヒップホップを普段聴きしてない僕には若干胃もたれする部分もあるけど、やっぱりクオリティは高いッス。間もなく新譜が出るアリシア・キーズの凛とした歌声が聴ける"Empire State Of Mind"にシビレた。充実作。



Njones_fall  Smokey_time
・NORAH JONES/The Fall
・SMOKEY ROBINSON/Time Flies When You're Having Fun

お次はヴォーカルものを。まずは日本でもお馴染みノラ・ジョーンズ。今回は新しい仲間たちとともに自身の新たなサウンドを模索した意欲作。ジャズファンにはイマイチ評判が良くないかもしれないけど、ヴォーカリスト/ミュージシャンとして彼女の新たな魅力が引き出されており僕はかなり気に入ってる。しっとりした曲も味わい深いが、"Even Though"や"Young Blood"(ホントいい曲です)などのロック色濃い曲が特にお気に入り。マーク・リボー、ジョーイ・ワロンカー、盟友ジェシー・ハリスらが参加。

次は我らがスモーキー・ロビンソン、久々のオリジナル作品集。彼のファルセット・ヴォイスは人類の至宝。素晴らしいとしか言えません。ソウルフルに、ジャジーに、ゆったりといい雰囲気。上述ノラ嬢"Don't Know Why"のカバーに加え(ハマリすぎ)、テンポ遅めでほんのりブルージーなジャクソン5"I Want You Back"のカバーもあり(クレジットなしのボーナストラック)。ジョス・ストーン、サンタナ、インディア・アリー、デヴィッド・T・ウォーカーらが参加。



Devendra_what  Cnunez_adb
・DEVENDRA BANHART/What Will We Be
・CARLOS NUNEZ/Alborada Do Brasil

最後はブラジルに関係ある2枚を。まずはフリー・フォークの旗手と一時期かなり持てはやされたデヴェンドラ・バンハート。フォーク/トラッド、サイケデリック、ブラジル音楽(トロピカリズモ/MPBあたり)、ビートルズなどに影響を受けたという彼の音楽は色んな表情があって楽しい。密やかなSSW風味あり(ベネズエラ育ちの彼だけど、ウルグアイの音楽に最も近い雰囲気を感じる)、ジャズあり、キッチュなグラム・ロック風あり(何と曲名が"16th & Valencia, Roxy Music")、レゲエあり、といった具合。個人的には特に中盤が聴き応えあった。

森の中に居を構えてチェット・ベイカーやジミー・スコットなどを好んで聴いているという彼には、いつかジャズ・アルバムを出してほしい。と言いながら、ルー・リードやイギー・ポップを彷彿とさせるグラマラスなヴォーカルを活かしたロック・アルバムも聴きたいと思ったり。ゆるやかにジャンルを越境していく彼の才能に改めて感服した。傑作。



次はスペイン・ガリシア発、勝手ながらケルト音楽界のジェイムス・テイラー(頭の辺りが特に・笑)と呼ばせていただいているカルロス・ヌニェスの新譜。ビースティ・ボーイズとも関係の深いマリオ・カルダートJr.をプロデューサーに迎えたり、レニーニ、カルニーニョス・ブラウン、アドリアーナ・カルカニョットらブラジルの豪華メンツが参加してケルト音楽とブラジル音楽の融合を試みているとのことで期待して購入。正直、事前に期待したほどはガツンと来なかったものの、なかなかに味わい深い。まだちゃんと聴き込めてないけど、もっと良くなる気がする盤。



ついつい長くなりましたが、この辺で。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)