2009年ベストアルバム(ブラックミュージック編)
ジョー・ヘンリーが4月に来日!

2009年ベストアルバム(ワールドミュージック編)

皆さま、連休いかがお過ごしでしょうか。

引き続き、大晦日にアップした速報版のコメント付きversionをお届けします。今回はラストのワールドミュージック編です。では、よろしくどうぞ。

Jwang_2nd(2) Losamigos_com_s Zawosefamily Annettlouisan_te(2)
Quantic_tit_s Lmatoub_lettre Uni_calypso_s Eli-u_creo_s Anacarolina_n9ve Siti_lt(2)

1.JOANNA WANG/Joanna & 王若琳
2.LOS AMIGOS INVISIBLES/Commercial
3.THE ZAWOSE FAMILY/Small Things Fall From The Baobab Tree
4.ANNETT LOUISAN/Teilzeithippie
5.QUANTIC & HIS COMBO BARBARO/Tradition In Transition
6.LOUNES MATOUB/Lettre Ouverte Aux...
7.ANDY NARELL & RELATOR/University Of Calypso
8.ELI-U/Creo En Los Elefantes
9.ANA CAROLINA/N9ve
10.SITI NURHALIZA/Lentera Timur



【総評】僕にしては珍しく、割と万遍なく各地域からセレクトできたかなと。聴く枚数はどうしてもラテン、カリブ、ブラジルあたりが多くなってしまうので、多くのワールドミュージック愛好家のベストテンと被るのは半分くらいかもしれない。やっぱりその辺の南国音楽がいちばん個人的にしっくりくると思った年でもあった。

【ベストテン・南米/カリブ】2009年の年頭で「何だかラテンな年になりそうな予感」と(割と適当に)書いたのが、本当になった感じ。再発含めてラテン的なものを結構聴いていた。純粋にラテンアルバムとは言いにくいけど、2位のロス・アミーゴス・インヴィジブルズ(ベネズエラ)、5位のクアンティック(コロンビア)ともによく聴いた。特に前者はビックリするほどカッコイイ!のに日本盤は出ないし、大して話題にもなってないのは残念至極。ワールド愛好家以外にぜひ聴いてもらいたい傑作。後者はマガジンの年間ベスト(ラテン)で1位だったこともあり、色んな人が聴いたり目にしたりする機会が多いと思われる。音楽愛と異邦人の眼差しが印象的な好盤(両者+8位の過去レビューはこちら)。

7位はオーソドックスなカリプソで(スティール・パン奏者とカリプソ歌手のコラボ)、こういうの聴きたかったんだよと膝を打った。気持ちいい本作に刺激を受けて、カリプソの基本盤を色々引っ張り出したりした(過去レビューはこちら)。8位はウルグアイの新人女性シンガー。オルタナ・ポップな佇まいがとても好みだった。特に冒頭のタイトル曲が素晴らしく、幸福感・高揚感溢れるクラリネットにやられた。ブラジルは何枚か候補作があったが、姐御アナ・カロリーナ1枚だけのランクイン。やっぱりこの人の魅力・迫力には抗えず、通算7枚目のアルバムを9位にした(ちなみにタイトルは「9」という意味。7枚目だけど?)。本作にはジョン・レジェンドが参加しているのも目玉のひとつ。

Malavoi_pepla_s
MALAVOI & RALPH THAMAR/Pep La

あと一部で話題沸騰のマラヴォワ&ラルフ・タマール(10年ぶりのアルバム!ラルフ・タマール復帰!)は、購入した日本盤の発売が年末ギリギリだったため、2010年度扱いに(早くも今年のベストアルバム候補)。内容は期待通り素晴らしく、フレンチ・カリビアン好きなら何も考えずに買った方がいいと思う。



【ベストテン・その他地域】まずアジア。1位のジョアンナ・ウォン(台湾/LA)は2008年のベストアルバムに続いてのランクイン。予想以上の出来(+ヴォリューム)と、魅惑的なスモーキー・ヴォイス、そしてまだ21歳という才能の煌めき、これらの総合点で1位とした(過去レビューはこちら)。YouTubeにアップされていた部屋での弾き語り映像も衝撃的だった(おやじ殺しのロックカバー選曲や、余りに素の姿など。ただ現在はすべて削除されたようで残念…)。今後もさらに伸びていってほしい人。10位のシティ・ヌールハリザ(マレーシア)は久々の伝統歌謡アルバムで、軽やかな感じがとても印象的だった(過去レビューはこちら)。また個人的にはS.アタンが参加しているのも嬉しかった。

次にアフリカ。3位のザウォーセ・ファミリー(タンザニア)は、大げさでなく心洗われるような思いがした数少ない盤。故人であるフクウェ・ザウォーセの遺志を受け継ぐ歌声と演奏に感激した。

続いてヨーロッパ。ポップシンガーのアネット・ルイザン(ドイツ)を4位に。映画のワンシーンのようなジャケ良し、曲良し、声良しの好盤(過去レビューはこちら)。ドイツ語が堪能でない僕にはフレンチポップにしか聞こえないところも面白かった。

最後にアラブ。6位のルネス・マトゥーブ(アルジェリア)はこれが遺作(日本初登場)。特に2009年前半はシャアビにハマったこともあり、その代表としてランクインさせた。他にも彼のアルバムを数枚購入したが、そのどれもが素晴らしかった。

(長くなってますが、よかったらもう少しお付き合いください)



【選外のオススメ盤・その1】以下は迷いに迷って、外した2枚。ティナリウェン(マリ/砂漠のブルース)はいつもカッコイイと思いながら、いつも年間ベストテンには入れてない(他意はないんですが)。今作は今までの中でいちばん好きだけど、今回も女性陣に譲ってしまった(笑)。まぁ僕がオススメしなくても多くの方が挙げてるからいいでしょう。

カエターノ・ヴェローゾ(ブラジル)も相当カッコ良かった。年齢を重ねてますます先鋭的なところが素晴らしいッス。このアルバムでも大活躍しているギターのペドロ・サー(息子のモレーノ・ヴェローゾと共同プロデュースも)とまた一緒に来日してほしい。

Tinariwen_imidiwan Caetano_zez_m
・TINARIWEN/Imidiwan: Companions
・CAETANO VELOSO/Zii E Zie



【選外のオススメ盤・その2】発売が2008年ということで選外にしたのは、下記ラテン・カリブ圏の3枚。どれもベストテンを狙える内容だったため、触れずにいるには惜しく簡単にコメントします。

P18は元マノ・ネグラのトム・ダーナル率いるエレクトロ・ラテン・ユニット。熱いラテン・ロック・グルーヴ"Bacalao Con Pan"がとりわけカッコ良く、リピート回数も最上位クラスだった。DJやる時にいつか爆音でかけたい曲。

ノ・ロ・ソポルトはアルゼンチンのオルタナティヴ・ガールズ・トリオ。パンキッシュで、キャッチーで、メランコリック。日本ではまったくと言っていいほど話題になってないけど、ロックファンからワールド好きオヤジまで虜にするであろう快作。セクシーなCAに扮したジャケもナイス。ランキングに入れたらたぶんベスト3には入ると思う。

カリバップはアコーディオンやスーザフォンの入ったビギン・インスト・ユニット。まろやかで、とても気持ちよく聴けた。フレンチ・カリビアン好きなら必聴。

P18_mambo Nls_avion Caribop
・P18/Mambo Chambo
・NO LO SOPORTO/Avion
・CARIBOP/Week-End A Sainte-Anne



【選外のオススメ盤・その3】ランクインは逃したものの、他にもいくつかオススメあり。印象的なジャケットもあるため、以下、ジャケ入りで載せときます(ベストテン下位のより画像大きくてなんですが…)。ちなみに上段はブラジル関連、下段はアラブ〜アジアの歌ものです。

Vferriani Forro_light_s Embaixada Cnunez_adb
・VERONICA FERRIANI/Same
・FORRO IN THE DARK/Light A Candle
・EMBAIXADA DO SAMBA PAULISTANO/Memoria Do Samba Paulista
・CARLOS NUNEZ/Alborada Do Brasil

Kamel_ghana_s Humaira_tarang Rayhon
・KAMEL EL HARRACHI/Ghana Fenou
・HUMAIRA CHANNA/Tarang
・RAYHON/Orzuinga Ishon



こうして振り返ってみると、選外作品でベストテンに入れてもよかったなと思うのが結構あります。2009年はワールドミュージック関係でも色々と楽しめた年だったということでしょう。毎度のことですが、昨年も渋谷のエルスールには大変お世話になりました。また今年もよろしくお願いします。



最後に。2009年は忌野清志郎、加藤和彦、そしてマイケル・ジャクソンと、音楽界的にも個人的にも大きな喪失感のあった年でした。また年明け早々から、LHASAウィリー・ミッチェルが亡くなったという残念な報せも入っています(この場を借りて謹んで故人のご冥福をお祈りします)。こういう訃報に接すると、好きなアーティストはできるだけリアルタイムで、生で、体験できる時に聴いて・観ておかないとなぁと思ってしまいます。

とても長くなりましたが、以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。気が向いたら後日「ベストアルバム(再発編)」をアップするかもしれません(期待せずお待ちください)。では、また。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)