Previous month:
June 2010
Next month:
August 2010

bice、死去

http://bice.jp/
http://tower.jp/article/news/68102

僕の大好きな女性SSW、bice(ビーチェ)が7/26に心筋梗塞で亡くなったそうです。先日の桑田佳祐・食道がん公表もビックリしましたが、これは本当にショックです…。

あまりに突然のことで、まったく現実感がなく信じられませんが、「かなえられない恋のために」(僕の2008年度ベストアルバム)を聴いて追悼しています。

この素晴らしいアルバムに続く作品のリリースを今か今かと待っていたのですが、それがもう叶わぬ夢となってしまったかと思うと残念でなりません。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。

SOUL POWER

梅雨明けした途端、ホントに暑いですねー。皆さま、くれぐれもご自愛ください。

http://www.uplink.co.jp/soulpower/

さて、この連休に音楽映画「ソウル・パワー」を観に行ったけど、これはスゴイ!音楽好きなら必見!ドキュメンタリー部分もとても見応えあるが(モハメド・アリがカッコ良すぎ)、やはりステージが圧巻。

B.B.キング、セリア・クルース&ファニア・オール・スターズ、スピナーズ、ビル・ウィザースetc.といったアメリカ勢に加え、フランコ、タブー・レイなどアフリカ勢の貴重なライヴ・シーンも(これがホントにいい!)。その他お宝映像満載で、あれよあれよと時間が過ぎる。

そんななか、とにかく御大JBが素晴らしい。いや、素晴らしすぎる。歌、演奏、踊り、迫力、ファンクネス、メッセージ、すべてにおいてパーフェクト。シビレる!

惜しむらくは演奏時間がみんな短いこと。少なくとも各アーティスト2〜3曲完奏(一人だけ多かったJBはその倍くらい)で収録してほしかったよなぁ…。ぜひ完全版(無理ならせめて拡大版)の公開/発売を期待したいところ。

簡単ですが、取り急ぎオススメします。ぜひ劇場でご覧ください!

2010年上半期ベストアルバム

W杯も大詰め。決勝はオランダvsスペインという、ヨーロッパ強豪国同士の争いに(どちらが勝っても初優勝)。個人的にはオランダに頑張ってほしいけど、とにかく熱戦を期待したいです。しかし、約一ヶ月続いた祭りがまもなく終わるかと思うと、やはり寂しいですね…。



さて、早いもので今年も半分が終了。前回書いた通り、さくっと上半期新譜のベストアルバムを選んでみました。今の気分でセレクトしたため、あくまでご参考としてどうぞ。

※枚数がまとまってきたら、年末にはジャンル別ベストテンにする予定です。

Jorge_amar Galactic_yakamay Tokiasako_ranhansya Tshorty_backatown
Elipaperboy_come Kojimamayumi_br Mose_theway Bobbycharles_timeless Miom_flor Tete_premier

1.JORGE DREXLER/Amar La Trama
2.GALACTIC/Ya-Ka-May
3.土岐麻子/乱反射ガール
4.TROMBONE SHORTY/Backatown
5.ELI "PAPERBOY" REED/Come And Get It!
6.小島麻由美/ブルーロンド
7.MOSE ALLISON/The Way Of The World
8.BOBBY CHARLES/Timeless
9.松田美緒/Flor Criolla クレオールの花
10.TETE/Le Premier Clair De L'aube

取り急ぎ、各盤へのコメントなしでスミマセン。総評だけ書くと、ワールドミュージック、ルーツ・ミュージック、ポップ、グルーヴ、とバランス取れた感じではあるかなと。ただ、普段なら必ずランクインしているアメリカン・ロック(主にベテラン勢)がほとんどないのには我ながら驚いた。



以下、ザザッと次点的なものを挙げておきます(しっかり聴けてないのもあります)。

■ロック/ポップでは、他にこんなのもオススメ。
・LACK OF AFRO/My Groove Your Move
・THE NATIONAL/High Violet
・KEVIN BARKER/You & Me
・RUFUS WAINWRIGHT/All Days Are Nights: Songs For Lulu
・CAROLINA CHOCOLATE DROPS/Genuine Negro Jig
・YUKI/うれしくって抱きあうよ
・クラムボン/2010

■ソウル/ファンクでは、他にこんなのもオススメ。
・STANTON MOORE/Groove Alchemy
・ERYKAH BADU/New Amerykah Part Two: Return Of The Ankh
・MACY GRAY/The Sellout
・JANELLE MONAE/The Archandroid

■ワールドミュージックでは、他にこんなのもオススメ。
・SEPTETO HABANERO/90 Anos
・HINDI ZAHRA/Handmade
・RIZWAN & MUAZZAM MUJAHID ALI KHAN/Qawal
・GEORGINA HASSAN/Como Respirar
・KONONO No.1/Assume Crash Position
・QUANTIC PRESENTA FLOWERING INFERNO/Dog With A Rope



最後に。下半期(7月)購入につき選外としたが、下記は年間ベストテンに入る可能性あり。特に左2枚がお気に入り。

Benlonclesoul_ Roots_higo Rrandolph_wewalk Skacubano_mamboska
・BEN L'ONCLE SOUL/Same
・THE ROOTS/How I Got Over
・ROBERT RANDOLPH & THE FAMILY BAND/We Walk This Road
・SKA CUBANO/Mambo Ska



以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

サッカーと音楽あれこれ(3)

もちろんワールドカップのことから。まずは日本代表、お疲れさまでした!今大会は試合ごとに強くなっていったのが頼もしかった。また勝つということがどれほどチームに力を与えるか、ひしひしと感じた戦いでもあった。魅力的なチームが解散するのは寂しいけど、今後の新代表チームにぜひ期待したい。

日本が敗退してW杯が終わったような気になってる皆さん、面白いのは、これからですよ(笑)。ということで、昨日から準々決勝。予想通りの熱戦が繰り広げられている。我らがオランダは、何と王者ブラジルに勝利!前半の完璧なブラジルを見せられて、正直勝てるとは思わなかった(優勝するのはブラジルだと半ば確信するような完璧さだった)。ブラジルは後半のオウン・ゴールから歯車が狂い始め、退場者を出すなど悪夢のような展開。まさかあんなもろさを露呈するとは…。サッカーの面白さ・恐ろしさを垣間見た。オランダ・ファンとしては嬉しい限りだけど。ロッベン、スナイデルには引き続き活躍を期待。

もう一試合はウルグアイがガーナに勝利。ガーナはいいチームだったけど、アフリカ勢初のベスト4進出ならず、残念。最後にあまりにも残酷なドラマが待ち受けていた。すぐ目の前にあった勝利がすり抜けていった悔しさは、日本の比ではないだろう。延長後半終了直前にPKを外したギャンは責められない(彼がいなければアメリカには勝ってなかった)。しかし、最後まで何が起こるか分からないよなぁ。これぞサッカーの醍醐味。一方、オランダとの準決勝に駒を進めたウルグアイはスアレス(手を出してボールを止め一発退場になったFW。自国ではヒーローでしょう)が欠場するんで、勝つのはちょっと厳しいかな。

今日はこれからアルゼンチンvsドイツ、スペインvsパラグアイとまた見逃せない試合が行われる。こちらのブロックではやはりアルゼンチンに頑張ってほしい。選手だけでなく(選手以上に?)、マラドーナの動きからも目が離せない(笑)。日本代表が去った今、オランダ&アルゼンチンがどこまで進むかが大きな楽しみ。もしかしたら、この2チームでの決勝もあるかも。ワクワク。



続いて、音楽ネタをいくつか。

■プリンス、新作をまた新聞の付録として無料配布
http://tower.jp/article/news/66922

殿下、またやってくれた。新作"20Ten"を、まずベルギーの新聞「Het Nieuwsblad」紙(7/10発刊号)に、続いてドイツ版「Rolling Stone」誌(8月号・7/22発行)に付録として無料で付けるらしい。前回イギリスでうまくいったんで、範囲を拡大か?そのうちCD売らなくなったりして。

■ジョン・レノン、生誕70年/没後30年リマスター盤など発売
http://tower.jp/article/news/66997
http://www.emimusic.jp/st/johnlennon/

<ギミ・サム・トゥルース>キャンペーンとして、色々出る模様。過去アルバムはリマスタリングされ、10/6に再発("Double Fantasy"はリミックス盤つきの2枚組仕様)。その他、以下のようなブツが。去年のビートルズ同様、盛り上がるか?

・ベスト盤 "Power To The People: The Hits"
・テーマ別に選曲されたCD4枚組セット "Gimme Some Truth"
・すべてのオリジナル・アルバムにレア音源や未発表音源、アルバム未収録EPなどを加えた11枚組のコレクターズ・ボックス "John Lennon Signature Box"

■ANTONY & THE JOHNSONS、新作は豪華仕様
http://tower.jp/article/news/67015

アントニー&ザ・ジョンソンズ、新作"Swanlights"が10月に発売される模様(ビョークも参加)。144ページにも及ぶアート・ブックが同梱されるということだけど、どちらかと言うと、本が主なのかな。Amazonでは「洋書」扱いだったし。いずれにしても楽しみ。

■GUIDED BY VOICES、マタドール21周年イベントで再結成
http://tower.jp/article/news/66990

6年前に解散したガイデッド・バイ・ヴォイシズが、マタドール21周年記念イベントで再結成するらしい。イベントにはソニック・ユース、ヨ・ラ・テンゴ、ペイヴメントなどレーベルに所縁のあるアーティストが多数出演する模様(詳細はこちら参照)。DVDとか出してほしいッスね。



気付けば今年も半分終了。ということで、次回は2010年上半期ベストアルバムをお届けします。たぶん数日のうちにはアップしますんで、お楽しみに。