Previous month:
August 2010
Next month:
October 2010

SUFJAN STEVENS、待望の新譜リリース

ご無沙汰です。谷啓さんの追悼記事を除けば約1ヶ月ぶり(これ、近ければ間違いなく見に行ってたなぁ。でもNHKニュースで少し見れて嬉しかったッス)。書きたいことは色々あったんですが、なかなかタイミングが合わず……。

マイペース更新は変わらずですが(笑)、これからはもう少しペースアップしていきますので、よろしくお願いします。



このところ朝晩はだいぶ涼しくなってきました(日中はまだ暑かったけど)。今朝方、関西地方は大雨。この雨で一気に秋到来となりそうです。行楽・音楽など、外に出かけていろいろ楽しむ機会がこれから増えそうです。



さて我が阪神、巨人・中日との天王山6連戦が今日で終了。結局五分の星となった。巨人には2勝1敗と勝ち越せたが、やはり中日は強く1勝2敗に終わる(連続完封負けではどうしようもない…)。まぁ今日は中日のマジック点灯を阻止し、一矢報いたので良しとしよう。

とにかく能見様様。加えてマートンの年間200安打達成も素晴らしかった。優勝はなかなか厳しい状況だけど、残り10試合全力で頑張って欲しいッス。



前置き長くなりました。既にご存じの方も多いと思いますが、待望のスフィアン・スティーヴンス新譜情報です。少し前の情報でスミマセンが(当初9月頭にアップする予定でしたので…)、ファンとしてはやっぱ載せとかないと。

Sufjan_alldp Sufjan_adz

■ All Delighted People EP

http://pitchfork.com/news/39817-new-sufjan-stevens-ep-is-out-now/
http://sufjanstevens.bandcamp.com/album/all-delighted-people-ep
http://www.cdjournal.com/main/news/sufjan-stevens/33353

まずは1ヶ月ほど前、ダウンロード先行で発売されたEPから(ヴァイナルとCDは今年中に発売予定)。8曲入り60分弱、5ドル(!)というリーズナブルさに惹かれ早速ダウンロードしてみた。

全体的にメランコリック、フォーキーな印象が強いミニ・アルバム(一部でロックな肌触りもあり)。中でも2ヴァージョン収録のタイトル曲は、メロディの美しい佳曲でオススメ。このEP、スフィアン・ファンなら間違いなく気に入るはず。買って損なし。

■ The Age Of Adz

http://sufjanstevens.bandcamp.com/album/the-age-of-adz
http://www.cdjournal.com/main/news/sufjan-stevens/33475
http://bls-act.co.jp/news/2042

続いてはNew Album。EPをじっくり楽しむ間もなく、矢継ぎ早にアルバムリリースが発表されビックリ(しかも前述のEPとは重複曲なし!)。純粋なオリジナル・アルバムとしては、名盤「イリノイ」以来、久々となる(5年ぶり)。

現在、上掲リンクから2曲のフリーダウンロードが可能。僕も早速ダウンロードしたが、エレクトロ風味でちょっと予想外の音だった。一筋縄でいかないところが、彼らしいと言えばらしいか。アルバムには僕の好きなTHE NATIONALのメンバーも参加してるらしいし、アウトサイダー・アーティストの故ロイヤル・ロバートソンのジャケットも魅力ありすぎ。とにかく、どんなアルバムに仕上がっているか非常に楽しみ。

日本盤は10/13、輸入盤CDは10/12発売(2枚組仕様のアナログは少し遅れて11/9発売)。既にプレオーダー開始中で、CD/LPを予約すると発売日よりも2週間早く音源ダウンロードチケットがメールで送付される模様(ちなみにダウンロードのみだと8ドルで購入可)。いち早く聴けるというのに、とても惹かれる。対訳が欲しいので僕は日本盤CDを購入予定だけど、こりゃLPも予約しようかな?と迷ってしまう。



最近、Input/Outputがスムーズに流れてませんが(CD買っても聴く時間/気力なかったり、オススメあっても書く時間/気力なかったり)、そんななか、お試し的にTwitterを始めました。

http://twitter.com/jackieagogo

よかったら一度のぞいてみてください(左側にリンクも貼りました)。よろしくどうぞ。


谷啓さん、逝去

http://mainichi.jp/select/today/news/20100912k0000m040004000c.html?link_id=RAH03

昨日、谷啓さんが亡くなりました。享年78歳。死因は脳挫傷。

日本のエンターテインメント界に偉大な足跡を残した方が、また一人いなくなりました…。本当に寂しいです。これで存命中のクレージーキャッツ・メンバーは、犬塚弘さんと桜井センリさんの2名になってしまいました。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。