Previous month:
January 2011
Next month:
November 2011

2011年上半期ベストアルバム

ご無沙汰です。何と正月以来の更新です(Twitterでは毎週何らか音楽ネタをアップしてるんですが、、と言い訳してみたり)。

さて、早いもので今年も半分が終了。2011年上半期を振り返って新譜のベストアルバムを選んでみました。ただ、特に3.11の震災以降は落ち着かない日々を送り、音楽をゆっくり楽しむ精神的・時間的余裕がなかったことも事実で(今はだいぶ元に戻ってきた感じはしますが)、購入したけどちゃんと聴けてないものも多いです。

また、3月後半あたりから昔の歌謡曲ばかり聴きたくなり、普段購入するのもドーナツ盤(7inch)中心という近年にはないスタイルに変化しました。加えて4月にスーちゃんが亡くなったことも大きく(大変残念です…)、歌謡曲を中心とした和モノに対する想いがさらに加速/再燃することになりました(これは今も継続中)。ということで、特に海外の新譜はしっかり聴けてないものが多いです。



ひとり。つながり。ぬくもり。手触り。アナログ感。懐かしさ。大らかさ。伸びやかさ。

特に震災以降、自分の中に湧いたり、必要だと感じたりした、こういった感覚/気分のようなものが反映されたベストテンになったかもしれません(昔の歌謡曲ばかり聴きたくなるのも同じような理由からかもしれません)。

つらつらと書きましたが、今の気分でセレクトしたため、あくまでご参考としてどうぞ。



Hosonova Salyuxsalyu Moto_tsukic Kdl_smoking
Kuwata_musicman Akronfamily_st2 P_one Beastie_hsc2 Djquik_book Robbierobertson_clairvoyant

1.細野晴臣/HoSoNoVa
2.salyu x salyu/s(o)un(d)beams
3.佐野元春/月と専制君主
4.KITTY, DAISY & LEWIS/Smoking In Heaven
5.桑田佳祐/MUSICMAN
6.AKRON/FAMILY / S/T II: The Cosmic Birth And Journey Of Shinju TNT
7.PIZZICATO ONE/11のとても悲しい歌
8.BEASTIE BOYS/Hot Sauce Committee Part.2
9.DJ QUIK/The Book Of David
10.ROBBIE ROBERTSON/How To Become Clairvoyant



続けて、次点的なものを。順不同で10枚。
(購入時期の問題、良さそうだけどちゃんと聴けてない等の理由でランク外に)

・かせきさいだぁ/Sound Burger Planet
・BLACK DUB/Same
・BRIAN ENO & THE WORDS OF RICK HOLLAND/Drums Between The Bells
・RANDY NEWMAN/The Randy Newman Songbook Vol.2
・SEUN KUTI & EGYPT 80/From Africa With Fury: Rise
・V.A./Tradi-Mods vs Rockers (Alternative Takes On Congotronics)
・V.A./RED HOT + RIO 2
・LUCKY 7 MAMBO/Chapter 1
・THIERRY FANFANT/Sime Lanmou
・LA GRAN REUNION -los guardianes de la musica criolla-/Cristal Herido



取り急ぎ、各盤へのコメントなしでスミマセン。気が向いたら追加でアップしたいと思います(Twitterに何らかツイートする可能性あり)。

ちなみに再発関連では、和モノ(歌謡曲中心)、タイもの、フィリピンもの、アフリカものなどを聴くことが多かったです。こちらも気が向いたらアップしたいと思います。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。