Previous month:
July 2011
Next month:
December 2011

素晴らしき哉歌謡曲

皆さま、ご無沙汰してます。気づくと前回からもう4ヶ月経ってましたね。久々の更新ですみません。このままだと年間ベストだけのブログになりそうなんで(苦笑)、取り急ぎ近況報告的にアップします。

色々バタつき気味の毎日ですが、相変わらず歌謡曲が購入&リスニングのメインです(しかもシングル盤/ドーナツ盤がメイン)。とにかくコアなファンが多いこのジャンル、愛好家にとっては、お宝的レア盤や誰も知らないような歌手を掘り起こすのが大きな楽しみかと思います。

もちろん僕もそれが楽しみのひとつなんですが、どちらかと言うと僕は、誰でも知ってる歌手の誰もが知らない曲(例えばヒットしたシングル盤のB面曲、目立たないアルバムの曲など)を掘り起こすのがとても楽しいです。演歌歌手がイメージと裏腹のグルーヴ歌謡をやってたりすると、キターッってなもんです。そういう盲点ともいうべき曲を探して今日も往くのです。



例えば、ここ数ヶ月で改めて(もしくは初めて)その良さに開眼した人達を思い付くままに挙げると、こんな感じ(ジャンル分けは大雑把)。

1.男性アイドル
郷ひろみ、野口五郎、フォーリーブス、田原俊彦、少年隊、、

2.女性アイドル
桜田淳子、岡崎友紀、小川知子、薬師丸ひろ子、、

3.演歌/ポピュラー系
水前寺清子(チータ)、佐良直美、橋幸夫、西郷輝彦、いしだあゆみ、平山三紀、、

4.SSW/シティポップ系
五輪真弓、しばたはつみ、Hi-Fi SET、、

ある年代以上の人なら、誰でも知ってる(orどんな曲を歌ってたかイメージできる)歌手がほとんどかと思います。「この人がこんな曲を!」とパブリックイメージを裏切るような曲を見つけるのが、やっぱ醍醐味ですね〜。



ということで以下、最近のお気に入りをサラッとご紹介。

■郷ひろみ「恋のハイウェイ」(アルバム"Hiromic World"より)
→スタイルカウンシルみたいなグルーヴィー・チューン!何とアルバム全編、作詞:荒井由美由実/作編曲:筒美京平という豪華さ。これはマスト!
●誤記訂正:「由実」ですね。('11.12.23)

 


■いしだあゆみ「私のラストショー」(シングル「愛の氷河」B面)
→意表を突くラテングルーヴ歌謡。ピアノ、ギターが特にファンキー!作詞:阿久悠/作曲:井上忠夫/編曲:高田弘のこれまた豪華メンツ。さすがです。

 

※両方とも、最近ホントお世話になってるNAKA2号店さんに教えていただきました。いつもありがとうございます!
http://nakasecond.livedoor.biz/



また折をみてアルバムレビューなど、しっかり目にやろうと思ってます。あまり期待せずにお待ちください(笑)

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。