【ナツカヨ特別編】光GENJI〜最後のスーパーアイドル
秋のレビュー祭り(2) コンゴ産ファンク傑作

秋のレビュー祭り(1) 晩夏〜初秋に聴くメロウ・ラテン

こんにちは。秋晴れの3連休初日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。昨日が彼岸の入りで、朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。もうすぐ本格的な秋到来となるんでしょうか。まだ季節の変わり目でもありますので、くれぐれもご自愛ください。

気付くと今年も残すところあと3ヶ月ちょっと。個人的に今年は例年に比べ、新譜&今年発売の再発盤をしっかり聴けてないような気がします。買ったけどちゃんと聴けてないのも結構あり、これはいかん!と一念発起。新譜レビューも全然書けてませんし(苦笑)、これからオススメ盤を順次紹介していきたいと思います。

なお「ヤマ○キ 春のパンまつり」ならぬ「秋のレビュー祭り」というタイトルは、じゃんじゃん書くぞという意気込みの表れです(自戒の念も込め)。祭りというからには、何とか週2本くらいは…と思ってます。しかし前回の光GENJI特集とのギャップに我ながら驚きますが、どっちも好きなので仕方ありませんね。前置きが長くなりましたが、久々に歌謡曲以外のレビュー、よろしくどうぞ。



Jorgesantana_gm
■JORGE SANTANA/Gracias Madrecita →オフィシャルサイトで全曲試聴可(こちら

カルロス・サンタナの弟であり、マロのリーダー、そして日本ではフリーソウル絡みでも人気のホルヘ・サンタナ。これが2011年最新作(日本盤発売は2012年)。全世界1000枚限定プレスというこのCD(収録時間は28分強とミニアルバムの趣き)、リリースされてたのを最近知って購入したが、想像以上に良かった。

ラテン・ロック〜チカーノ〜フュージョン〜AORのナイスブレンドで、夏の終わりに聴くとホントにいい感じに響く。少し落ち着いて音を楽しみたいこれからの季節にもピッタリかと。冒頭1曲目〜3曲目までのオリジナル曲(クオリティ高し)を聴くと、特にそういう雰囲気を感じたり。

有名曲のカバーも収録。スティーヴィー・ワンダー"My Cherie Amour"はメロウなボサノヴァ・アレンジに、カルロス兄の"Europa(哀愁のヨーロッパ)"はフレンチ・ミュゼット+レゲエといった興味深いアレンジに、という具合。残念ながら"Georgy Porgy"はTOTOのカバーではなく同名異曲だったけど、これもいい。

Jsantana
■JORGE SANTANA/Same

そしてラストにボーナストラックとして収録された"Love The Way"(上掲ジャケ・'78年発売1stソロ作の人気曲)の未発表シングル・ヴァージョンがとてもいい。火照った体をクールダウンさせながら夏の終わりに聴きたい極上メロウ・ラテン。

このCDは夏休みに上京した際、数年ぶりに伺ったハイファイ・レコード・ストアにて、Mさんにオススメされ購入したもの(その時は併せて7インチを数枚購入)。そんな夏の想い出もあり、個人的には印象深い一枚。



ということで、急遽開催した「秋のレビュー祭り」第一弾、いかがでしたか?他にもオススメ盤がたくさんありますので、次回も何とか早めに更新したいと思います。お楽しみに。

以上、皆さまの音楽生活の参考になれば幸いです。では、また。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been posted. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Your Information

(Name is required. Email address will not be displayed with the comment.)